[HONDA]AMA Rd.11 後方からの追い上げでカナードが8位、シーリーは11位

160322_150

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSSの第11戦は、3月19日(土)にミシガン州デトロイトのフォード・フィールドで開催されました。

Team Honda HRCにとっては、トレイ・カナードとコール・シーリーが立て続けに不運に巻き込まれるという非常に残念なレースになりましたが、チームは気持ちを切り替えて次のレースに臨みます。

土曜日のレースに先立ち、Team Honda HRCのトレイ・カナードとコール・シーリーは、GEICO Hondaのジャスティン・ボーグル、RJ・ハンプシャー、マルコム・スチュワートとともに、ミシガン州サウスゲートのGenthe Honda Powersportsでサイン会を行うなどファンとの交流を図りました。また、Team Honda HRCは、今年4回目の現地視察に訪れた株式会社ホンダ・レーシングの井本敬介総監督を迎えました。

日中行われたタイムアタック予選。Team Honda HRCのトレイ・カナードは、1回目のセッションで46秒786を記録し全体4番手のタイムをマーク。2回目のセッションで47秒409をマークしたコール・シーリーは、全体9番手となりました。

予選ヒートレース。1組目に出走したカナードは、スタートと同時に飛び出して2番手で1コーナーに進入。すぐに前のライダーをパスしたカナードは、そのままリードを広げてトップフィニッシュを果たし、ファイナル進出を決めました。またヒートレース2組目に出場したシーリーは、オープニングラップ5番手から序盤に2つポジションを上げて3番手でフィニッシュ。シーリーもダイレクトでファイナル進出を果たしました。

しかし、決勝ではスタートに失敗。カナードはオープニングラップ14番手からの追い上げを強いられました。懸命に追い上げたカナードは、中盤で7番手争いを繰り広げましたが、先行するライダーの厳しいブロックと後続の追撃を受けコースアウト。12番手でレースに復帰したカナードは、最終ラップまで必死にポジションをばん回し、8位でチェッカーフラッグを受けました。

一方、CRF450Rを上手く操って好スタートを決めたシーリーは、スタート直後4番手のポジションにつけましたが、フープスでリアブレーキの操作をミスし、バランスを崩してコースアウト。このアクシデントで最後尾となりながらも、目を見張る追撃を見せ、11位までポジションを上げてフィニッシュしました。

そのほかのHonda勢は、Smartop MotoConcepts Racingのマイク・アレッシが9位、GEICO Hondaのジャスティン・ボーグルが10位でフィニッシュしました。

なお、イースト地区4戦目となった250SXでは、前半トップに立ったGEICO Hondaのマルコム・スチュワートが後続を振りきって今季初優勝を達成しています。

160322_151

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  2. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  3. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  4. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
ページ上部へ戻る