【新車】インディアン、軽快感と利便性を併せ持つ「SPRINGFIELD(スプリングフィールド)」を3月25日に発売

160322_18

「東京モーターサイクルショー2016」で日本初公開

輸入車・自動車関連用品販売を行うホワイトハウスの子会社であるホワイトハウスオートモービルは、正規輸入販売元として取り扱うアメリカのインディアンモーターサイクル社の新型モデル「SPRINGFIELD(スプリングフィールド)」を、東京モーターサイクルショー2016(会期:3月25日~3月27日)で日本初公開し、同日より販売開始する。

SPRINGFIELD

160322_15

160322_17

インディアン・モーターサイクル生誕地を名前の由来に持つスプリングフィールドは、インディアンならではのクラシカルなスタイルとラクジュアリーな装備はそのままに、ツーリングモデルの軽快感とバガーモデルの利便性を併せ持つ新たなセグメントとなる。

スプリングフィールドには従来のインディアン・チーフシリーズ同様のABS、クルーズコントロールといった充実装備に加え、ニューデザインのブラックレザースプリットシート、前後クローム・ハイウェーバー、デュアルドライビングライト、アジャスタブル・パッセンジャーフロアボード等が標準装備される。

また、ハードサドルバッグとフロントスクリーンはスプリングフィールド専用クイックリリースタイプとなり、ライダーの好みに応じて工具を使わず簡単に着脱が可能。扱いやすさに定評のある1,811ccサンダーストローク111Vツインエンジンは最大トルク16.5kg-m(119.2ft.lb)を発生。シャシーはソロライディングからタンデムツーリングまで多彩な使用環境に対応すべくスプリングフィールド専用チューニングが施された。

純正アクセサリーも充実しており、最大64リッターの収納スペースを持つ大型リアトランク、スプリングフィールド専用ウィンドシールド、ロアウィンドディフレクター、コンサートオーディオリッドなど多彩なカスタマイズパーツが設定された。

160322_16

モデル詳細

■車種名
SPRINGFIELD(スプリングフィールド)

■参考サイズ(mm)
L 2,583×W 990×H 1,442

■重量
372kg

■排気量
V型ツイン 1,811cc

■トランスミッション
6MT

■販売価格
サンダーブラック:3,220,000円(税込)
インディアンレッド:3,270,000円(税込)

→全文を読む

情報提供元 [ ホワイトハウスオートモービル ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ホンダ CB1000R】ディテール&試乗インプレッション 2008年に欧州向けに発売され…
  2. SHOEIは、コンパクト&ライトウェイト、エッジの効いたフォルムは高い空力性能を発揮し、涼し…
  3. お尻の下にもう一つのサスペンション♪ウェビックTVでも以前ご紹介したポジドライブの「バイク座…
  4. SHOEIは、ライダーの要求を高次元で融合した、先進のシステムヘルメット「NEOTEC II…
ページ上部へ戻る