[YAMAHA]MotoGP Rd.1 予選 ロレンソがポールポジションを獲得!

160322_09

■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP
■開催日:2016年3月19日(土)予選結果
■開催地:カタール/ロサイル(5.380km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:21度
■路面温度:21度
■PP:J・ロレンソ(1分54秒543/ヤマハ)

ロレンソがポールポジションを獲得!

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソが今日も好調をキープ。ロサイル・インターナショナル・サーキットの夜間照明のもと行われた予選で、1分54秒543のトップタイムをマークした。ポールポジションは自己通算62回目となり、これによってポールポジション獲得回数の記録を更新した。チームメイトのV・ロッシは最終ラップでタイムを短縮して5番手につけた。

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシは15分間の予選セッションで全力を尽くし、それぞれ1番手と5番手を獲得した。午前中に行われたフリープラクティス第4セッションで1分55秒301を記録したロレンソは、予選は最後にピットを出る。前車と十分に車間を開けて空いたコースを利用し、1回目のアタックで早くも1分54秒台に入れてトップに浮上した。

次のラップではタイム更新はならず、残り6分強というところでピットに戻りタイヤを新品に交換。1分半後には再びコースインしてアタックを開始した。3ラップ目には危うく転倒という場面があり、その後はタイムを更新できないままセッションを終了することとなったが、トップをキープしてポールポジションが決定した。

ロッシもロレンソと同様に最後のほうにピットを出る。最初のアタックで1分56秒024を記録して暫定トップに立ち、2ラップ目にはさらにタイムを更新した。しかしライバルたちがペースを上げるなかで9番手まで後退してしまう。なんとか順位を上げたいロッシは素早くピットに戻り、残り4分半を切ったところで2回目のアタック。ここで10番手から7番手まで挽回したものの、最終ラップでさらなる挑戦が必要だった。最後のチャンスに賭けるロッシは全力を振り絞り、ついに1分54秒815へ更新。トップに0.272秒差まで近づいて一時4番手まで浮上したが、その後1台が上回り5番手となった。明日の決勝はグリッド2列目の真ん中からスタートする。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る