[HONDA]MotoGP Rd.1 フリー走行2 マルケス3番手、ペドロサ6番手と大きく前進

160322_03

■2016年3月18日(金)・フリー走行2日目
■会場:ロサイル・インターナショナル・サーキット
■天候:晴れ
■気温:22℃
■コースコンディション:ドライ

Rd.1 フリー走行2レポート

2日目のフリー走行は、FP2とFP3の2セッションが行われ、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、初日8番手から3番手へとポジションを上げました。

1回目のセッションFP2では、初日より0.857秒タイムを短縮して2番手に浮上。そして、2回目のセッションFP3では、さらに0.566秒タイムを短縮し、総合3番手でQ2進出を果たしました。

初日のセッションFP1では、3月上旬の公式テストとは全く違うフィーリングになりタイムも伸びませんでした。その問題を2日目は解消、路面のグリップが上がったこともあり、初日より1.423秒タイムを短縮することに成功しました。土曜日の予選では、2年ぶりとなる大会ポールポジション(PP)を狙います。

初日7番手のダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、初日より0.885秒タイムを短縮して6番手へと1つポジションを上げました。今大会は、公式テストから引き続き、マシンの開発の方向性を探りながらセットアップを進めています。予選では、マルケスと共にPPとフロントロー獲得の期待が膨らみます。

以下、カル・クラッチロー(LCR Honda)は、マシンの安定性に課題を抱え、転倒の影響もあって15番手。ジャック・ミラー(Marc VDS Racing Team)はセットアップを進めるも、転倒を喫して17番手。MotoGPルーキーのティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、走り込みに重点を置いて18番手でした。

コメント

■マルク・マルケス(MotoGP 3番手)
「今日の感触は2週間前のテストの時に似ていました。FP2はコースに出てすぐ、昨日のセットアップを変更することにしました。その結果、フィーリングがよくなってきましたが、ペースは悪くありませんでした。Q2にそのまま進めたこともポジティブでした。今年はタイムがかなり接戦なので、Q2に進めてよかったです。明日も引き続きペースを更新していきたいです。そして、どのタイヤを使うか決めなければなりません。今日の感じだと、表彰台争いはそれほど遠くはありません。明日も着実に前進したいです」

■ダニ・ペドロサ(MotoGP 6番手)
「今日は2度のプラクティスを有効に使うことができました。昨日より速く走ることができましたし、2度のセッションともにタイムを更新することができました。マシンの状態を少し理解できるようになったのはポジティブなことです。まだやらなければならないことはたくさんありますが、マシンのセットアップはよくなりました。明日も引き続き、セットアップに取り組み、今日以上に前進しなければなりません。路面コンディションはよかったです。もっともっとラップを刻めることが出来れば、さらによくなっていくと思います」

■カル・クラッチロー(MotoGP 15番手)
「今日はあまりいい一日ではありませんでした。フロントの感触がなく、エンジンブレーキにも問題があり、うまくコーナーを曲がれませんでした。その後、直すことができたのですが、前後ともにタイヤの振動がかなりあってコーナーリングに影響がありました。何が原因だったのか全くわかりません。Repsol Honda Teamは何かを変えて、それがうまく行ったようです。僕たちはRepsol Honda Teamとは同じではないので、テストの時のセッティングに戻すことにしました。まだ問題は残っているし、あまり話すことはありません。今日は、プッシュすればするほど速く走るのが不可能でした。今夜問題を見直し、解決できるようにがんばります。今の問題はQ1をパスすることです。以前にも経験があるので、がんばってみようと思います」

■ジャック・ミラー(MotoGP 17番手)
「今日は少し前進できたのでうれしいです。全体的にはポジティブな一日でした。でもセッションの最後に転倒してしまいました。自分のミスです。汚いラインに乗ってしまい、フロントから転倒しました。今日はコースに出るたびに快適さが増しました。FP3ではリアブレーキを使いやすいライディングポジションを見つけました。引き続きがんばって取り組み、前のライダーたちとのギャップを縮めたいです」

■ティト・ラバト(MotoGP 18番手)
「大きく一歩前進しました。マシンに自信を持つことができたので満足しています。今日の目標の1つだったのでうれしいです。FP2は、あまりうまく行きませんでしたが、FP3に向けた変更がよくて、フロントタイヤの信頼性が増しました。少しずつ前進しています。前に進んでいるということは大事なことです。僕にとって重要なのは前のライダーたちとのギャップを縮めることで、今はそれに取り組んでいます。MotoGPクラスはとても難しいクラスで、まだまだ差がありますし、時間が必要なことはわかっています。できることは落ち着いて自信を失わず常にプッシュすることだと思っています」

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る