[DUNLOP]2016年度 モータースポーツ活動計画を発表

160318_122

ダンロップの住友ゴム工業は、2016年度のDUNLOPモータースポーツ活動計画を決定し、2016年3月18日に発表した。

2016年度 DUNLOPダンロップモータースポーツ活動計画

今年も国内外において幅広いカテゴリーにタイヤ供給を行い、ブランド価値の向上を目指すとともに、モータースポーツの発展に貢献します。

二輪モータースポーツ活動

国内においては、「全日本ロードレース選手権」をはじめ、「全日本モトクロス選手権」、「全日本トライアル選手権」、「全日本エンデューロ選手権」において有力チーム、ライダーをサポートし、各選手権でのタイトル獲得を目指すほか、「FIM 世界耐久選手権シリーズ」第3戦として開催される日本最大のオートバイレース「鈴鹿8時間耐久ロードレース」では、世界耐久レギュレーションである「EWC」クラスに参戦する8チームへのタイヤ供給を行います。

海外においては、世界最高峰の二輪レースである「FIMロードレース世界選手権」の「Moto2」および「Moto3」クラスにワンメイクタイヤを供給します。またモトクロスレースにおいては、「AMAスーパークロス」での7年連続全階級制覇、「MXGP」でのチャンピオン獲得を目指します。

また、今年3月より発売を開始しているプロダクションレース対応スポーツラジアルタイヤ「SPORTMAX α-13SP」を国内では今年から開催の「MFJ CUP」の「JP 250」クラスに、海外では「アジアロードレース選手権」の「AP250」、「アジアドリームカップ」の2クラスにワンメイクタイヤとして供給します。

160318_121

→全文を読む

情報提供元 [ 住友ゴム工業株式会社 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る