【2016大阪・東京モーターサイクルショー開幕】国内メーカーの見どころを一気にご紹介!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

160318_25

いよいよ今年もバイクシーズンの幕開けを告げるモーターサイクルショーの時期がやってきました。まずは今週末の19日(土)から21日(月・祝)までインテックス大阪で開催される「第32回 大阪モーターサイクルショー2016」を皮切りに、3月25日(金)から27日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「第43回東京モーターサイクルショー2016」へと続きます。

国内外16メーカーから話題のニューモデルや未来を予言するコンセプトモデルが多数出品され、国内最大規模の二輪専門の展示会イベントとして大いに盛り上がることでしょう。そこで今回は国内メーカーを中心に、見どころをご紹介いたしましょう。

【関連ニュース】
◆【2016東京モーターサイクルショー開幕】海外メーカーの見どころを一気にご紹介!

HONDA:新型アフリカツインと、新しい空冷CBのカタチが噂される「Concept CB Type II」

今年前半の目玉である進化したアフリカツインが発売されたばかりのホンダからは、早くもCRF1000L Africa Twinをベースに、アドベンチャーイメージをより際立たせたコンセプトモデル「Africa Twin Adventure Sports Concept」が登場。

Africa Twin Adventure Sports Concept
▲Africa Twin Adventure Sports Concept

また、空冷CBシリーズの新たな方向性を提案するコンセプトモデル「Concept CB」と「Concept CB Type II」が世界初公開。市街地でのライディングにアドベンチャーのスピリットを取り入れた、全く新しいアドベンチャーコンセプトモデルとして昨年のEICMAでも注目を浴びた「City Adventure Concept」が参考出品されます。

さらにCRF250Lをベースに、ダカール・ラリー参戦マシン「CRF450 RALLY」のイメージを随所に採り入れたアドベンチャーモデル「CRF250 RALLY」の プロトタイプも参考出品されるなど、オフロード色を強く打ち出したブース展開になりそうです。

CRF1000L Africa Twin
CRF1000L Africa Twin(市販車)
CRF250 RALLY
CRF250 RALLY (2015コンセプトモデル)
City Adventure Concept
City Adventure Concept
GROM
GROM

 

YAMAHA:XSR900が国内についにお目見え!YZFシリーズとMTシリーズも勢揃い

ヤマハでからは”The Performance Retro-ster”をコンセプトに開発、味わいのあるレトロな外観と先進技術によるパフォーマンスを合わせもつ「XSR900」が国内初お披露目となります。「MT-09」に搭載の水冷直列3気筒エンジンにTCS(トラクションコントロールシステム)やA&S(アシスト&スリッパー)クラッチ、ABSなどを装備しつつ、外観は本格的な専用デザインと金属の素材感を表現した多彩な加工法などにも注目の一台です。

XSR900

また、YZF-Rシリーズ・MTシリーズのフルラインナップが展示されるなど、今やヤマハを代表する2大スポーツラインである「R」と「MT」シリーズを一気にチェック、跨り比べるチャンスです。
コミューターゾーンでは「TRICITY」「NMAX」「BW’S125」など125ccスクーターを中心に生活を楽しくする多彩なラインアップを展開する模様。旧い世代にはストロボラインが懐かしい「XSR900 60th Anniversary」が展示される、60th記念モデルコーナーも注目です。

YZF-R3
YZF-R3
MT-09TRACER
MT-09 TRACER
TRICITY
TRICITY
NMAX & BW’S125
NMAX & BW’S125

XSR900 60th Anniversary
▲XSR900 60th Anniversary

 

SUZUKI:次期GSX-R1000が国内初登場!今年は好調のGSX-RRも「跨がり」展示

スズキブースでは昨年のEICMAで発表した輸出モデル、新型「SV650 ABS」や日本初公開となる次期「GSX-R1000」のコンセプトモデルなど7台が参考出品となります。また、市販車では昨年発売されて話題となったロードスポーツバイク「GSX-S1000 ABS」の他、「隼(ハヤブサ)」や「V-Strom1000 ABS/V-Strom650XT ABS(オプション装着車)」など国内の大型スポーツモデルを中心に12台が出品されます。

さらに昨年MotoGPにワークス体制で復帰し年間11位、12位につけたスズキのファクトリーマシン「GSX-RR」を展示。フルバンク中を再現した跨り撮影コーナーを設けるなど、実際に触れて楽しめる車両を数多く展示しているのが特徴。2015全日本モトクロス選手権年間チャンピオンを獲得した「RM-Z450WS」などのリアルレーシングマシンにも注目です。

SV650
SV650
GSX-R1000 Concept
GSX-R1000 Concept
GSX-S1000 ABS
GSX-S1000 ABS
隼(ハヤブサ)
隼(ハヤブサ)
V-Strom 1000 ABS
V-Strom 1000 ABS
V-Strom650XT ABS
V-Strom650XT ABS

 

KAWASAKI:WSBで常勝を誇るZX-10Rと、「Z」末弟となるZ125が登場

カワサキでは実際に跨ってチェックできるニューモデル体感コーナーをはじめ、2015年WSB(ワールドスーパーバイク選手権)でチャンピオンを獲得したZX-10Rとその活躍を讃えるWSBゾーンを展開します。

また、先日に国内導入がアナウンスされたスーパーネイキッドZシリーズの末弟「Z125 PRO」の他、Ninja(250、250SL、ZX-6R、ZX-10R)各シリーズのKRTエディションを参考出品。ブレンボ製フロントブレーキシステム、リヤにはオーリンズと共同開発したTTX39リヤサスペンションを装備した上級バージョン「Ninja ZX-14R ABS High Grade」、そして300psのスーパーチャージャーマシン「Ninja H2」など、カワサキらしさ溢れるメガスポーツも参考出品されるなど、ファン待望のブース展開となるはずです。

Ninja ZX-10R
Ninja ZX-10R
Z125 PRO
Z125 PRO
Ninja 250
Ninja 250
Ninja 250SL
Ninja 250SL
Ninja ZX-6R
Ninja ZX-6R
Ninja ZX-14R ABS High Grade
Ninja ZX-14R ABS High Grade

Ninja H2R
▲Ninja H2R

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
ホンダが東京、大阪モーターサイクルショー2016出展概要を発表 Concept CB Type IIを世界初公開
ヤマハ、東京と大阪モーターサイクルショー出展概要を発表「XSR900」を国内初出展
スズキ、「大阪・東京モーターサイクルショー2016」出展概要を発表
カワサキ、「大阪・東京モーターサイクルショー2016」出展概要を発表
ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る