[HONDA]MotoGP Rd.1 カタールGP プレビュー

160317_136

会場:ロサイル・インターナショナル・サーキット 全長:5.380km
決勝:[MotoGP]22Laps [Moto2]20Laps [Moto3]18Laps

ロードレース世界選手権(WGP)開幕戦カタールGPが、3月17日(木)にドーハ郊外のロサイル・インターナショナル・サーキットにて開幕します。カタールGPは、2004年に第1回大会が行われました。その後、08年にはグランプリ史上初のナイトレースが開催され、世界的に大きなニュースになりました。カタールGPは、今年で13度目。ナイトレースとしては9度目の開催となります。

カタールGPは、フリー走行、予選、決勝日と、日没時間に合わせて午後6時からセッションが開始されます。しかし、3日間開催では走行セッションが深夜に及ぶため、11年以降は、ライダーやスタッフの体力的な負担を軽減する目的に4日間開催となりました。

今年は2月に公式テストがスタートしました。2月は、マレーシア・セパンとオーストラリア・フィリップアイランド、3月上旬には開幕戦カタールGPの舞台となるロサイルで行われました。

MotoGPクラスは、14年に共通ECU(エンジン・コントロールユニット)のハードウエアが採用されました。今年からはソフトウエアも共通となります。そのため、独自ソフトウエアを使用する「ファクトリー」と、共通ソフトウエアを使用する「オープン」に分けられていたカテゴリー分けは今年からなくなり、燃料タンクの容量(22L)、使用できるタイヤなど、全車共通となります。

Hondaは、Repsol Honda Teamからマルク・マルケスとダニ・ペドロサ、LCR Hondaからカル・クラッチロー、Estrella Galicia 0,0 Marc VDSからジャック・ミラーとティト・ラバトの3チーム5台が参加します。

今年のウインターテストは、マニエッティ・マレリ製の共通ソフトウエアで走行を開始しました。加えて、ブリヂストンからミシュランへとタイヤが変更されたことで、多くのテストメニューが待ち受けることになりました。

13年に史上最年少記録を次々に樹立し、最高峰クラスのチャンピオンに輝いたマルケスは、14年にはシーズン最多優勝記録となる13勝を挙げて2連覇を達成しました。昨年は、シーズン前半に思うような走りができず苦戦しました。しかし、後半戦は調子を取り戻し、最終的に5勝を挙げて総合3位につけました。今年は2年ぶり3度目のタイトル獲得に向けて、全9日間に及んだウインターテストでは最多周回数を刻み、2016年型「RC213V」のポテンシャルを引き出すことに取り組みました。

オーストラリア・フィリップアイランドではトップタイムをマーク。開幕戦に向けて最後の調整の場となるカタール・ロサイルでは総合4番手。マルケスにとっては完ぺきとはいえませんが、開幕戦に向けて大きく前進しました。限られた時間の中でのセットアップ。ライバルメーカーがマニエッティ・マレリ製のソフトウエアを知り尽くしているだけに、Honda勢のウインターテストは、そのソフトウエアでパフォーマンスを引き出すための学習時間となりましたが、カタールGPでは2年ぶりの開幕戦勝利を目標に全力で挑みます。

Repsol Honda Teamで11年目のシーズンを迎えるペドロサも、ウインターテストはソフトウエアとミシュランタイヤのパフォーマンスを引き出す作業に集中しました。昨年は、持病である右腕の手術のためシーズン前半に欠場するなど厳しいシーズンのスタートとなりましたが、シーズン終盤は2勝を挙げて総合4位へとランキングを上げました。今年は、念願のタイトル獲得に向けて闘志満々。マルケスとともにチャンピオン獲得の期待が寄せられています。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. STAR WARSオフィシャルの限定グラフィックモデル HJCヘルメットは、映画「ST…
  2. RED EAGLEとのコラボレーションで生まれた美しいシルエット オートバイ用品の企画・製…
  3. Webikeチームノリックヤマハは、チームスタッフが着用する新デザインのピットシャツを数量限…
  4. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
ページ上部へ戻る