【改善対策】カワサキ、「KLX125」、「D-TRACKER 125」に車両が転倒するおそれ

160316_120

■改善対策届出番号
490

■改善対策開始日
平成 28 年 3 月 17 日

■届出者の氏名又は名称
川崎重工業株式会社
代表取締役社長 村山 滋

■問い合わせ先
カワサキモータースジャパン
お客様相談室 TEL 0120-400-819
http://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/recall/mc_index.html

■不具合の部位(部品名)
車体部品(サイドスタンドブラケット)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
サイドスタンドブラケットをメインフレームに取り付けている溶接部の強度が不足しているため、走行時の振動等により溶接部に亀裂が発生するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると亀裂が進行し、最悪の場合、駐車中に溶接部が破損し、車両が転倒するおそれがある。

■改善対策の内容
全車両、サイドスタンドブラケットのメインフレームへの溶接部を点検し、損傷のないものは補強プレートを追加する。損傷のあるものは補修後、補強プレートを追加する。

■不具合件数
6件

■事故の有無
無し

■発見の動機
市場からの情報及び国土交通省からの指摘による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、その旨を定期点検整備記録簿に記載する。

■車名
カワサキ

■型式
・EBJ-LX125C
・EBJ-LX125D

■通称名
「KLX125」
「D-TRACKER 125」

■改善対策対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数

 ・通称名:「KLX125」
  型式:EBJ-LX125C
  車台番号:平成21年10月31日~平成28年2月29日
  製作期間:LX125C-A00056 ~ LX125C-A12549
  7,130 台

 ・通称名:「D-TRACKER 125」
  型式:EBJ-LX125D
  車台番号:平成21年10月29日~平成27年10月28日
  製作期間:LX125D-A00078 ~ LX125D-A09735
  4,895 台

 ■合計
  製作期間の全体の範囲:平成21年10月29日~平成28年2月29日
  計2型式 2車種
  12,025 台

160316_119

【注意事項】改善対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ■大会名 ルマン24時間耐久レース ■開催地 フランス・ルマン ■開催期間 …
  2. ユーザー:みなぎさん 車種名:SUZUKI GSX250S カタナ 期間:2017…
  3. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 ドゥカティの「持ち味」「個性」の共通認…
  4. 多重クラッシュの中、唯一後ろを振りかえらずにチェッカー FIMアジアロードレース選手権 (…
ページ上部へ戻る