スポーツランドSUGO、レースを支える「オフィシャルメンバー」を募集

160316_115

スポーツランドSUGOは、4輪・2輪のビッグイベントから地方選手権まで、全てのレース運営に欠かせないレーシングスタッフ「オフィシャル」の募集を開始した。
今回募集されたのは、走行するマシンや路面状態を監視し、レース状況に応じシグナルフラッグを提示する「コース委員」や、パドックエリア全体の安全管理をする「パドック委員」など、6つの委員。

4輪・2輪オフィシャルクラブ

オフィシャルは4輪・2輪のビッグイベントから地方選手権まで、全てのレース運営に欠かせないレーシングスタッフのこと。サーキットのほとんどの業務がオフィシャルの手によって行われており、レースの影の主役ともなっています。
SUGOでは2輪に加え、新たに4輪のオフィシャルクラブを立ち上げ、一緒にレースを支えてくれる仲間を募集することになりました。興味をお持ちの方は、SUGOオフィシャルクラブ事務局までお気軽にお問い合せください。

▼コース委員
コースの監視ポストにて、走行するマシンや路面状態を監視し、レース状況に応じシグナルフラッグを提示、ドライバーに指示を与えます。また、停止あるいはクラッシュした車両に対してレスキュー活動や路面の復旧も行います。

▼技術委員
参加する車両が規則に合致したものかどうかをチェックする、いわゆる車検を行うのが技術委員。技術委員は自動車の構造や仕組み、最新の規則に精通している必要があります。

▼計時委員
予選・決勝レース時のタイム計測を行なうのが計時委員。コントロールタワー内の計時室が活動場所となります。

救急委員
万が一の事故に備えて待機しているのが救急委員。負傷者の救護、救護室への搬送を行います。

▼ピット・グリッド委員
各チームのピットやスターティンググリッドを管理します。競技中は担当するチームのピットを管理し、ピットイン/アウトやピットでの作業内容をチェックし、安全の確保に務めます。

▼パドック委員
パドックエリア全体の安全管理をするのがパドック委員。パドック内は競技車両、チーム関係者の車両、オフィシャルカーなどが行き交い、一般のファンも入場するので、常に安全確保のために広いパドックを駆け回っています。

応募はこちら>>

→全文を読む

情報提供元 [ スポーツランドSUGO ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る