ナビタイム、Android OS向け『カーナビタイム』に「ARナビゲーションモード」を追加 3月末より対応予定

160316_04

ナビタイムジャパンは、Android OS向けカーナビゲーションアプリ『カーナビタイム』の地図モードに「ARナビゲーションモード」を追加する。
「ARナビゲーションモード」は、スマートフォン端末のカメラ機能を通して撮影している道路上に、ルートなどの拡張現実を表示し、目的地まで案内する機能。

今回の対応により、実際走行中の道路や交差点前方をカメラで撮影している画面に重ねて見られるため、走行位置や進む方向をより直感的に把握することが可能になる。運転中のナビゲーション画面を見る時間を短縮させることで、ドライバーの負荷を軽減し、より安心・安全な運転を支援する一助として活用できる。

将来はバイザー越しにナビが!?

バイクの場合、進行方向に合わせて端末画面をマウントし、カメラレンズが同様に進行方向を向いていれば、補助的なディスプレイとして機能する事となる。
また、現在開発が進められているHUDヘルメットなどと本機能を組み合わせると、バイザー越しの視界にナビのルートが表示されるということも近い将来実現するかもしれない。

2016年3月末より対応が予定されており、iOS向け『カーナビタイム』についも今後対応が検討される。これまでの地図モードには、通常の地図モードと航空/衛星写真モード、降雨レーダーモードの3種類があったが、新たに「ARナビゲーションモード」が加わり、4種類から選択し、利用できるようになる。

サービスイメージ

160316_04

『カーナビタイム』アプリ

Android OS
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.carnavitime

※本機能のご利用には、『カーナビタイム』プレミアムコース会員登録(有料)が必要となる。
※対応バージョンは Android カーナビタイム Ver.3.0.0以降。

→全文を読む

情報提供元 [ NAVITIME JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  2. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  3. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  4. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
ページ上部へ戻る