ヤマハ、東京と大阪モーターサイクルショー出展概要を発表 「XSR900」を国内初出展

160315_16

新製品「XSR900」を国内初出展し最新・人気モデルを展示

ヤマハ発動機は、「ヤマハに乗ればこんなに楽しく、仲間もたくさん増える!」というヤマハ車の魅力や楽しみ方をひろく伝えるため、“仲間がひろがる、未来をひろげる。JAPAN CRUISING”をブーステーマに「第32回 大阪モーターサイクルショー2016」と「第43回東京モーターサイクルショー」に出展する。

xsr900_007-680x510-680x510

今回は発売間近の「XSR900」を国内初お披露目するほか、「MTシリーズ」「BOLTシリーズ」「YZF-Rシリーズ」「MAXシリーズ」に、フロント2輪で新しいモビリティの世界を提案する「LMW(リーニングマルチホイール)」もヤマハらしい世界観を形成する一つのシリーズとして改めて出展する。

またヤマハ60th記念モデルコーナーや利便性・快適性に優れ毎日を楽しく彩る125ccスクーターコーナーも設置。ツーリングに最適なアクセサリーの装着車の展示もおこなう。

東京会場では、部品・用品の販売をおこなうグループ会社のワイズギアと連動しライディングギアやアクセサリーも含めたひろがるバイクライフの提案をする。

なお全日本選手権に参戦するヤマハライダーによるトークショーも予定されている。

大阪・東京モーターサイクルショー ヤマハブース概要

展示車両総台数30台

■国内初出展モデル:XSR900、XSR900 60th Anniversary
■特別展示:YZR-M1(2016年型)、YZR500(OW35K)、Resonator125
■MTシリーズ:MT-09TRACER、MT-09、MT-07、MT-03、MT-25 (MT-07/25の軽さ体験コーナーあり)
■BOLTシリーズ:BOLT Cスペック ABS 60th Anniversary、BOLT
■YZF-Rシリーズ:YZF−R25、YZF-R3 (YZF−R25の軽さ体験コーナーあり)
■MAXシリーズ:TMAX530、NMAX
■125ccスクーターワールド:TRICITY125、BW’S125、シグナスX SR
■他:VMAX、FJR1300AS、Drag Star Classic400、SR400、MAJESTY S 60th Anniversary など

トークショーイベント

大阪会場

3月19日(土)
15:00~15:20@ヤマハブース
15:30~15:50@YSPブース
黒山健一選手・安原さや選手

3月20日(日)
15:00~15:20@ヤマハブース
15:30~15:50@YSPブース
黒山選手

3月21日(月・祝)
15:00~15:20@ヤマハブース
15:30~15:50@YSPブース
中須賀克行選手

 

東京会場

3月26日(土)
10:50~11:15@ヤマハブース
中須賀選手、平田優選手、黒山選手、 野左根航汰選手、藤田拓哉選手、渡辺祐介選手

11:20~11:40@YSPブース
中須賀選手、平田選手、黒山選手

11:40~12:00@YSPブース
野左根選手、藤田選手、渡辺選手

14:45~15:15@ヤマハブース
中須賀選手

15:30~16:00@YSPブース
野左根選手、藤田選手、渡辺選手

3月27日(日)
10:50~11:15@ヤマハブース
中須賀選手、三原拓也選手、黒山選手、 野左根選手、藤田選手、渡辺選手

11:20~11:40@YSPブース
中須賀選手、三原選手、黒山選手

11:40~12:00@YSPブース
14:40~15:00@ヤマハブース
15:50~16:10@YSPブース
野左根選手、藤田選手、渡辺選手

※3月15日現在の予定。展示モデルや各イベントの詳細は変更になる可能性がある。

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る