キムコ、「第43回東京モーターサイクルショー」出展概要を発表

160315_136

キムコは2016年3月25日~3月27日に開催される第43回東京モーターサイクルショーに出展するにあたり、出展概要を発表した。
会場では、新型マキシスクーターのコンセプトモデル『K50』を世界初公開する。

第43回東京モーターサイクルショー出展概要

『K50』は一昨年創立50周年を迎えたKYMCOが、これまで培ってきたノウハウと技術力を注ぎ込んだショーケースとして誕生したコンセプトモデルです。また市販予定車として、生まれ変わったハイパースポーツスクーター『XCITING400iABS』(エキサイティング400iABS)や日本初公開となるクラシカルポップなコンパクト125ccスクーター『GUIDO125i』(グイド125i)など計10台を展示します。 

KYMCOは、ブランドスローガンである『Win My Heart』をコンセプトに掲げ、これからもお客様の心を掴めるような乗り物を創りあげるためのミッションを追求し続けます。

展示車両
K50 (コンセプトモデル)
X-TOWN300i ABS (参考出品)
SUPER Z 125 (参考出品)
RACING KING180i ABS+Motocam
“Dark Night Special” (参考出品車)
XCITING400iABS (市販予定車)
GUIDO125i (市販予定車)
DOWNTOWN350i ABS (市販車)
K-XCT300i (市販車)
RACING150i ABS+Motocam (市販車)
TERSELY GT125i (市販車)

→全文を読む

情報提供元 [ キムコジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る