[MV AGUSTA]WSS Rd.2 クルーゼル、タイで優勝!

160315_134

3月13日に開催されたWorldSSPチャンピオンシップタイラウンドで、J・クルーゼル(MV AGUSTA F3 675)が今季初優勝を飾りました。

土曜日のポールポジション獲得から日曜のレースまで、クルーゼルが完璧なレースで勝利を得ました。クルーゼルは好スタートを切り、ジェイコブセン、ソフォーグルらと激しいバトルを展開。激しいバトルはレースを通して続きました。ジェイコブセンの背後をキープしていたクルーゼルがついに抜き去り、そのままトップチェッカー。

L・ザネッティも良い走りを見せていました。セットアップに軽い問題がおきて16番グリッドでしたが、MV AGUSTA F3 675で激しい追い上げを展開。レース中盤も良いタイムを叩きだし、順調に走行して8位でチェッカー。貴重な8ポイントを獲得しました。

J・クルーゼルは「とても幸せです。なぜなら勝利を掴むまでの時間が長くてハードでしたから。背後にいた2台のカワサキも激しく追い上げているのが分かっていましたけど、私はジェイコブセンだけに集中しなくてはいけなかったんです。私はそれをやり遂げました。多くの人達に感謝したいです。昨年のタイは不運でしたからね。本当に勝ちたかったんです。我々はランキング3位にいますが、次のアラゴンではこの最高な週末を繰り返せればいいと思っています」とコメントしています。

160315_135

→全文を読む

情報提供元 [ MV AGUSTA JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  2. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  3. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  4. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
ページ上部へ戻る