[56RACING]筑波ロードレース選手権 開幕戦レポート

160314_155

56RACINGの参戦する筑波ロードレース選手権の開幕戦が先週末に開催されました。

渡辺瑛貴CBR250R Dream Cup (エントリー22台、予選:6位、決勝:3位)
埜口遥希HRC NSF250R Challenge (エントリー15台、予選:1位、決勝:2位)

160314_151

今年から、2台別々のカテゴリーに参戦していますが、まずCBR250R Dream Cup渡辺瑛貴(17)のレースでは、スタートを決め1周目を4位で周回。その後はトップグループ内で終始3位表彰台争いを繰り広げながら、最後は後続を振り切って見事3位を守り切りました。最後まで先頭が見える位置で、いいレースを繰り広げたと思います。

そして、HRC NSF250R Challenge埜口遥希(14)は、予選で見事ポールポジションを獲得し、今年からカテゴリーをステップアップしたとは思えない堂々とした走りを見せていました。レースでも先輩ライダー達に全く引けを取らない戦いで終始トップ争いを繰り広げ、最終ラップもトップで入っていきましたが最後は抜かれてしまい、惜しくも準優勝となりました。

160314_153

それでも2人のライダー揃ってレースのベストラップを叩き出すなど、その強い走りと共に速さも見せつける結果となりました。

これから続く2016年シーズンの皮切りに、幸先の良い幸先のよいスタートを切ることができました。次回は、3月27日に開催される鈴鹿サーキット大会開幕戦に出場します。今シーズンも引き続き、応援よろしくお願い申し上げます。

160314_152

160314_154

→全文を読む

情報提供元 [ 56design ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ■大会名 FIM世界グランプリ MOTO2 第二戦 アルゼンチンGP ■開催日 予…
  2. ■大会名 FIM World Grand Prix Moto2 2018 ■開催地 …
  3. ホンダは、走破性に優れたパッケージングと、力強いトルク特性で燃費性能に優れる直列気筒750c…
  4. ホンダは、スポーティーで防風効果の高いフルカウルを装着し、軽量コンパクトな車体パッケージによ…
ページ上部へ戻る