ピアッジオグループジャパン、「第43回東京モーターサイクルショー」出展概要を発表

160314_146-horz

ピアッジオグループジャパンは、2016年3月25日(金)~27日(日)まで、東京ビックサイトにて開催される「第43回東京モーターサイクルショー」に出展するにあたり出展概要を発表した。
ブースでは、「アプリリア」、「モト・グッツィ」、「ベスパ」の3つの個性豊かなイタリアンブランドから7台のモデルを展示するほか、最新モデルであるV9 Bobberをアジア初公開する。

第43回東京モーターサイクルショー出展概要

アプリリアからは、APRILIAのフラッグシップモデルRSV4 RFを先行特別展示。また、モト・グッツィでは、2015年のミラノ、EICMAショーにて公開され、本年秋頃に発売予定の最新モデルであるV9 Bobberをアジア初公開いたします。また、ベスパからは、日本とイタリアの国交樹立150周年を記念し、PX 150に特別なナンバリングエンブレムを配した「PX 150アニバーサリーエディション」の特別ペイントモデルを展示。さらにステージイベントとして、DJによるスペシャルステージを展開し「アプリリア」、「モト・グッツィ」、「ベスパ」の3ブランドが持つ世界観を演出いたします。

アプリリア出展モデル

160314_146

アプリリアはテクノロジー、スタイル、革新、情熱をキ―ワードにオートバイのフルレンジ・ラインナップを誇る欧州最先端のモーターサイクルのブランドです。MOTO GPをはじめ、様々な世界選手権での優勝と世界タイトル獲得という輝かしいレースシーンでの戦歴を誇り、それらのレースで培った高い技術力と信頼性そして革新性は、市販のモーターサイクルに遺憾なく活かされています。

今回の東京モーターサイクルショーでは、2014年のミラノ、EICMAショーで発表となり話題を集めたAPRILIAのフラッグシップモデルRSV4 RFを先行特別展示します。

モト・グッツィ出展モデル

160314_149

モト・グッツィはイタリアで最も歴史のあるモーターサイクルブランドで、独創的な縦置きV型2気筒エンジンを搭載したプレミアムモーターサイクルです。今回の東京モーターサイクルショーではアジア初公開となるV9 Bobber(参考出展)や、V7シリーズの最新モデルであるV7 II Stone、V7 II Racerの計3台を展示致します。

ベスパ出展モデル

160314_150

イタリア語で「ススメバチ」を意味するベスパは1946年に設立されました。美しくファッショブルなイタリアデザインと航空機のテクノロジーを応用したスチールモノコックボディや片持ちサスペンション構造など、独自の構造を採用した世界で愛されているスクーターです。今回の東京モーターサイクルショーではGTS 150 Super、Primavera 125、PX 150の計3台を展示致します。なおPX150は、日本とイタリアの国交樹立150周年を記念し、特別なナンバリングエンブレムを配した「PX 150アニバーサリー」に特別カラーのペイントを施しました。

→全文を読む

情報提供元 [ Piaggio Group Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る