[MFJ]AKENO SPEED・YAMAHA 2016年シーズン体制発表

160314_137

若手育成に舵を切るAKENO SPEED

全日本とアジアで活躍しているAKENO SPEED・YAMAHAが2016年シーズンは若手育成に力を入れる体制となった。昨年までチームオーナー兼エースライダーとして活躍してきた稲垣誠が、今年は一線引く形で特にアジア選手権は、チームマネジメントに専念すると言う。

全日本ST600クラスには、奥野翼が引き続き、津田一磨が加入し2台体制で臨む。また、新設となるJP250クラスにJ-GP3クラスに参戦していた南本宗一郎と昨年アジアドリームカップでランキング3位となった仲村優佑を起用。JP250の2人は、アジアAP250にもフル参戦する予定だ。

「今年は新たに3人のライダーが加わりました。自分自身も出るレースは、もちろん全力で臨みますが、若手ライダーの活躍に期待したいところです。ST600の2人は、結果を出してくれると思っていますし、いい状態でレースができるようにバックアップしていきます」と稲垣。

→全文を読む

情報提供元 [ MFJ SUPERBIKE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る