[MFJ]Shell Advance Asia Talent Cup Rd.1 小椋藍がATC開幕戦を制す!

160314_135

Shell Advance Asia Talent Cup 第1戦タイ レース1

アジアタレントカップ開幕戦がタイはバンコクから北東に約400km離れたところにあるチャンインターナショナルサーキット(イン ブリラム)で行われた。

気温31℃、路面温度39℃という猛暑の中でスタートは切られ、ポールシッターのインドネシアのアンディ・イズディハ、地元タイのソムキアット・チャントラ、今年はレッドブルルーキーズカップにも参戦する小椋藍、Moto3ジュニア世界選手権にも参戦の真崎一輝、そしてテルルコハラレーシングでJ-GP3を戦う山中琉聖の5台によるトップ争いで幕を開けた。このバトルに参戦初年度の國井勇輝、昨年は全日本J-GP3にも参戦していたゲリーサリムが加わり、何度も激しく順位を入れ替えたレースは熾烈を極めた。この中からラスト4周となったところでアンディは単独で転倒を喫してしまい戦線から離脱してしまう。そして混戦のままファイナルラップに突入して行く。小椋がトップを走っていたが最終コーナーで山中が前に出るべく仕掛けたが、前を行くチャントラと接触しそうになり避けたところをゲリーに先行され4番手まで落ちてしまう。

小椋がトップを守り切り2016年シーズン最初のレースをトップチェッカー! 昨年9月の中国ラウンドに続きATC2度目の優勝を飾った。

→全文を読む

情報提供元 [ MFJ SUPERBIKE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る