[YAMAHA]SBK Rd.2 S・ギュントーリが第2レースで6位を獲得! チームメイトのA・ローズは痛恨のリタイア

160314_129

■大会名称:スーパーバイク世界選手権第2戦タイ大会
■開催地:タイ/ブリラム(1周4.554km)
■周回数:30周(91,080km)×2

レース1
■開催日:2016年3月12日(土)
■コースコンディション:ドライ
■気温:34度
■PP:M・ファン・デル・マーク(ホンダ/1分33秒452)
■FL:J・レイ(カワサキ/1分33秒936)

レース2
■開催日:2016年3月13日(日)
■コースコンディション:ドライ
■気温:36度
■PP:M・ファン・デル・マーク(ホンダ/1分33秒452)
■FL:J・レイ(カワサキ/1分33秒997)

【レース1】
Pata Yamaha Official WorldSBK TeamのA・ローズとS・ギュントーリが、それぞれ6位と7位を獲得!

午前中に行われた15分間のフリープラクティスでは、様々なセッティング項目を試しながら、それぞれ4位と6位を獲得。午後になると気温が34度に達するなか、ふたりはスーパーポールに臨んだ。ローズは決勝用タイヤで素早くペースを上げ、1回目のタイムアタックで1分34秒371を記録。その後は技術的トラブルが出たため、予選タイヤを使用できないまま7位で終了した。一方のギュントーリは、前日に引き続きYZF-R1の開発に取り組みながら、1分33秒866の好タイムを記録して5位。グリッド2列目を確保した。

ローズは3列目から好スタートを切って5位へ浮上したあと、7位へ後退して1周目を終了。その後は1分34秒6のハイペースをキープしながらトップグループを追って行ったが、9ラップ目の第3コーナーではらみ、9位へ後退した。素早い挽回で3台を抜いて6位へ上がり、貴重な10ポイントを獲得した。

ギュントーリはスタートで出遅れたものの、序盤で懸命の挽回。1周目を12位で終えたあと素早く差を詰め、レース中盤までに6位へ浮上した。終盤を迎えてローズとポジション争いを展開し、最終的には7位でチェッカー。9ポイントを加算してランキング5位となった。

160314_130

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る