[HONDA]JTR Rd.1小川友幸が逆転勝利。4連覇に向けて幸先いいスタート

160314_123

2015年に3年連続で全日本チャンピオンを獲得した小川友幸(Honda)が、4年連続、そして40歳にしての全日本チャンピオン獲得に向けてシーズンをスタートさせました。しかし昨年は、ここ真壁の開幕戦で2位。シリーズチャンピオンを狙う上で、2位はベストではなくても悪くない結果ですが、それでもシーズン初めの戦いで勝利するのと2位になるのでは、気持ちの盛り上がりが違います。

この日の小川は、黒山健一(ヤマハ)との大接戦に耐え、最後のスペシャル・セクションで逆転し、2点のリードとともに開幕戦勝利を勝ち取りました。黒山が2位ということで、シーズンの戦いは昨年までと同様、厳しいものとなるに違いありませんが、幸先のいい開幕戦勝利となりました。

レース序盤の小川は、身体の動きが硬く、第4セクションで1点を失います。しかし、ここで黒山が5点。黒山にはリードをとって試合を進めることになった小川ですが、野崎史高(ヤマハ)は第4セクションまでをクリーンしていて、小川は野崎を追いながら、黒山との勝負を進めることになりました。

160314_124

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る