[HONDA]AMA Rd.10 シーリーが4位、カナードは7位でフィニッシュ

160314_122

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSSの第10戦は、3月12日(土)に前戦フロリダから一気に北に会場を移し、国境を超えたカナダのオンタリオ州トロントにあるロジャース・センターで開催されました。会場のロジャース・センターは世界初の可動式屋根付きスタジアムで、AMAスーパークロスシリーズの中で唯一、アメリカ本土を離れて行われる大会です。

日中に行われたタイムアタック予選。Team Honda HRCのカナードは、2回目のセッションでただ一人54秒台を切る53秒917を記録し、全体でトップのタイムをマーク。シーリーは54秒587で全体6番手、GEICO Hondaのジャスティン・ボーグルは55秒727で12番手に付けました。

予選ヒートレース。1組目に出走したシーリーは、オープニングラップ6番手から終盤にチャド・リード(ヤマハ)をパスしてひとつ順位を上げ、5番手でフィニッシュ。4番手以内がファイナルに直接進出となるため、シーリーはセミファイナルを経由することになりました。シーリーは、セミファイナル2組目のスタートからリードを保ち、トップでチェッカーを受けて、無事ファイナルに進出を果たしました。一方、ヒートレースで好スタートを決めて、1周目にトップで戻ってきたボーグルは、序盤ひとつ順位を下げたものの、このポジションをキープし、2番手でファイナル進出を果たしました。また、ヒートレースの2組目に出場したカナードは、こちらも好スタートを決め、オープニングラップをトップでクリアすると、1度もトップを譲ることなくトップでフィニッシュし、2番グリッドからのファイナル進出を果たしました。

迎えたファイナル決勝レース。好スタートを決めたシーリーは、4番手でオープニングラップをクリアすると、4周目にひとつポジションを下げてレース中盤は5番手を走行。後半、先行するエリ・トーマック(Kawasaki)に追い付いたシーリーは、16周目にこれをパスして再び4番手に順位を上げると、このポジションをキープして4位でチェッカーを受けました。また、オープニングラップ14番手から追い上げを開始したカナードは、混戦の中で確実に順位を挽回し、7位でフィニッシュ。一方ボーグルは、オープニングラップのアクシデントによりリタイアとなりました。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る