[HONDA]SBK Rd.2 ファン・デル・マークが3位/4位となり、レース1で表彰台に登壇。へイデンはレース2で5位

160314_119

スーパーバイク世界選手権とスーパースポーツ世界選手権の第2戦が、3月11日(金)~13日(日)までの3日間、タイの北東部、ブリーラムのチャーン・インターナショナル・サーキットで開催されました。今年で2度目の開催となり、連日30℃を超える猛暑の中で、熱いバトルが繰り広げられました。

160314_120

前戦オーストラリア大会で3位/2位と、絶好のシーズンスタートを切ったマイケル・ファン・デル・マーク(Honda World Superbike Team)は今大会も好調で、フリー走行でトップタイムをマークすると、スーパーポールでは初のポールポジション(PP)を獲得しました。初日はグリップの悪い汚れた路面に苦労しましたが、セッションをこなすごとにセットアップが進み、これまでにない最高の状態で決勝を迎えました。

第1レースは、レース前半にトップを快走します。中盤になってオーバーランを喫してポジションを落としますが、トップグループに加わって3位でフィニッシュ。翌日の第2レースでは、初PPに続き初優勝を狙いましたが、タイヤの選択がうまくいかなかったことで思うようにペースが上がらず、4位に終わりました。しかし、2大会4レースを終えて、総合2位のトム・サイクス(カワサキ)と1点差の3位。トップのジョナサン・レイ(カワサキ)と30点差で、ヨーロッパラウンドを迎えることになりました。

160314_121

チームメートのニッキー・ヘイデンは、WSBにスイッチして2戦目を迎えます。WSBデビュー戦となったオーストラリア大会では、9位/4位でしたが、今大会は、初表彰台、初優勝を狙う大会となりました。フリー走行では6番手。チームメートでトップのファン・デル・マークから1秒差に12台という接戦でまずまずの走りを見せると、大接戦となったスーパーポールでは、8番グリッドを獲得して決勝を迎えました。

土曜日の第1レースは、電気系のトラブルでリタイアに終わります。第2レースでは快調なラップを刻み、5位でフィニッシュしました。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る