ツインリンクもてぎ、トライアル世界選手権特別展示「藤波 貴久(フジガス)選手 300戦の軌跡」を開催

160311_11

ホンダのワークスライダーである藤波貴久選手は、1996年からトライアル世界選手権に参戦し、今なお第一線で活躍中。そして今年の4月24日(日)、ツインリンクもてぎで開催されるトライアル世界選手権日本グランプリ2日目に、ちょうど参戦300戦目を迎えることになる。

これを記念しHonda Collection Hallでは、特別展示を開催。藤波選手が実際に世界選手権で使用した車両の展示や、2004年に獲得した世界選手権シリーズチャンピオンをはじめとする戦績などが紹介される。

以下公式サイトより

展示期間

2016年3月18日(金)~4月25日(月)

展示場所

Honda Collection Hall 1階ロビー奥

展示車両

ホンダRTL(1997年)トライアル世界選手権ランキング4位マシン
ホンダRTL(1999年)トライアル世界選手権ランキング2位マシン
モンテッサ コタ315R(2004年)トライアル世界選手権チャンピオンマシン
モンテッサ コタ4RT(2005年)トライアル世界選手権ランキング2位マシン

160311_10

※展示期間、展示車両は予告なく変更になる場合がございます。

【関連ニュース】
ツインリンクもてぎ、「2016 FIMトライアル世界選手権第2戦 ストライダー日本グランプリ」チケットの発売を2/13に開始

→全文を読む

情報提供元 [ ツインリンクもてぎ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る