3/13から全日本トライアル選手権がいよいよ開幕!

160310_139

山や沢などの自然の地形をを活かした会場で、岩や崖などの障害物があるコースをいかにミスなくバイクで走り抜けられるかを競い合う、クロスカントリーモータースポーツである、「トライアル」。
その全日本選手権が、2016年3月13日に真壁トライアルランドで開催される第1戦(関東大会)を皮切りにいよいよ開幕する。
2016年度は、全国7会場で開催され、全日本レディースクラスがスタートする。

まもなく全日本トライアル選手権シリーズが開幕

トライアルはスピードを競い合うのではなく、自然の地形に複数設けられた各セクションにおいて、ライダーそれぞれに決められたタイムスケジュールに沿って個々に戦いを繰り広げるもので、お好きなライダーと各セクションを周ったり、 移動せずひとつのセクションを決めて次々とトライするライダーを観戦するなど、観戦方法に決まりは無く 自由に楽しめることも魅力です。

観戦される際は、トレッキングに行かれるような、動きやすく汚れても良い服装でお楽しみ頂くことをおすすめします。 1つの場所で観戦する方は、折りたたみ椅子やマットを敷いて、次々来るライダーを応援しながら楽しむ方法もあります。いろんな楽しみ方でぜひトライアル観戦を満喫してください!!

2016年全日本トライアル選手権シリーズ日程

・第1戦
3月13日(日) 真壁トライアルランド(茨城)
〒300-4412 茨城県桜川市真壁町羽鳥

・第2戦
4月17日(日) 名阪スポーツランド(奈良)
〒630-2234 奈良県山辺郡山添村切幡1343
http://web1.kcn.jp/meihansl/

・第3戦
5月15日(日) 矢谷渓谷トライアル場(熊本)
熊本県山鹿市菊鹿町矢谷

・第4戦
6月12日(日) HIROスポーツパーク(鳥取)
〒689-0403 鳥取県鳥取市鹿野町末用 ヒロスポーツトライアルパーク

・第5戦
7月17日(日) わっさむサーキット(北海道)
〒098-0111 北海道上川郡和寒町三笠

・第6戦
10月9日(日) キョウセイドライバーランド(愛知)
〒444-3341 愛知県岡崎市須淵町字木ノ田38
http://www.kotsu-daigaku.jp/

・第7戦
10月30日 (日) スポーツランドSUGO(宮城)
〒989-1301 宮城県柴田郡村田町菅生6−1
http://www.sportsland-sugo.co.jp/

2016年トライアル主要競技会日程

4月23日(土)・24日(日) FIMトライアル世界選手権シリーズ日本グランプリ ツインリンクもてぎ(栃木)
11月13日(日) MFJトライアルグランドチャンピオン大会 湯浅トライアルパーク(和歌山)

【関連ニュース】
◆「2016 MFJ全日本トライアル選手権 第1戦 関東大会」が真壁トライアルランドで3/13に開催
◆ツインリンクもてぎ、選手と同じコースを走れる「After WCT ライディングミート」のエントリーを開始

■トライアルとは
競技専用の車両で、コース途中に設けられたセクション(採点区間)で、いかに減点されることなく走り抜けられるかを競い合います。 早くゴールする必要はありませんが、決められた時間を越えてしまうと、所定の減点を課せられることになります。 減点が最も少ない、つまりはミスの最も少ないライダーが優勝となります。

ひとつのセクションには、ライダーの技量を問う障害物が設けられます。 障害物には岩山や沢など自然の地形を活かしたものや、スタジアムなどの中に人工的に作り上げたものなどがあります。

魔法のようなライディングで、自然の地形を次々に走破していくトップライダー達。華麗なライディングも、実は緻密な計算の上に、高度なテクニックと大胆な精神に支えられていて成り立っています。フィジカルにもメンタルにも、究極のパフォーマンスを要求されるモータースポーツです。日本のトライアルライダーは、世界でもトップクラスの実力を持つ方も多く、 セクションの難易度だけでなくライダーの技術にも是非注目して観て下さい。

→全文を読む

情報提供元 [ MFJ Online Magazine ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る