川崎近海汽船、2018年に岩手県宮古港と北海道室蘭港を結ぶ新たなフェリー航路を開設

160310_102

川崎近海汽船は、2018年に岩手県宮古港と北海道室蘭港を結ぶ新たなフェリー航路を開設するべく昨年より検討を続けていたが、正式に航路開設を決定したことを発表した。

今回の就航によって北海道ツーリングの為に、フェリーを利用するユーザーにとって更に選択肢が広がった形だ。
とくに、室蘭発→岩手県宮古であれば、翌日6:00に到着となるので、夕方まで北海道を楽しんで、次の日の朝に本州ツーリングを楽しむことも可能だ。

>>就航船のシルバークイーン号 船舶紹介

宮古/室蘭航路開設

1.航路名
宮古 ~ 室蘭(326km)

2.航路開設時期
2018年6月(予定)

3.運航計画
1日1往復(航海時間10時間、停泊時間2時間)、毎日運航

運航ダイヤ(予定) 宮古発 08:00 → 室蘭着 18:00
室蘭発 20:00 → 宮古着 翌日06:00

4.使用船舶
船名 シルバークィーン
総トン数 7,005トン 全長 134m 航海速力 20.7ノット
車両積載能力 12mトラック69台 乗用車20台 旅客定員600名
(詳しくはシルバーフェリーホームページをご参照下さい)

5.発着埠頭
宮古港 藤原埠頭
室蘭港 室蘭港フェリー埠頭

→全文を読む

情報提供元 [ 川崎近海汽船株式会社 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る