鳥取県の若桜鉄道で「隼」をラッピングした列車が3/20から運行

160308_172

スズキは、鳥取県の若桜鉄道で日本初となる「隼」をラッピングした列車が2016年3月20日から運行することを発表した。

運行開始となる3月20には、隼ライダーの会、若桜鉄道と因幡郵便局長会など31団体による大きなイベントが開催される他、大型バイクとラッピング列車の並走パレードが行われる。

【日本初!】鉄道車両に大型バイクのラッピング
スズキ二輪の協力で「隼ラッピング列車」が登場

20160308_hb01

ライダー達の熱い想いに応えようとメーカー・鉄道・地元の心意気が結晶
鉄道は、スズキ二輪の協力を得てバイク隼のラッピング列車を運行します。鉄道車両に大型バイクを装飾するのは【日本初】です。若桜鉄道の隼駅はライダーの聖地とされ、毎年8月に開催される「隼駅まつり」には北海道から沖縄まで全国から1500台もの大型バイクが集まります。ライダー達の熱い想いに応えようと、メーカー・鉄道・地元の心意気がラッピング列車として結晶しました。

【日本初!】3月20日に列車と大型バイクの並走パレード
このラッピング列車を起爆剤に過疎高齢化が進む沿線に賑わいを作ろうと、運行開始日の3月20日には隼ライダーの会、若桜鉄道と因幡郵便局長会など31団体による大きなイベントを開催します。
まず、【日本初】大型バイクとラッピング列車の並走パレードを行います。午前10:20から「隼駅」にてテープカットの後、駅まで並走パレードとなります。
 ※パレード走行は事前の警察署との調整により、地元の隼駅を守る会の20台のみとなり、一般のライダーは参加できません。

さらに、同日は午前10時から午後1時30分まで「若桜道の駅」では軽トラ市やジビエフェスタ、午後7:00から「若桜駅前広場」で3Dプロジェクション・マッピング SL投影も開催され、盛りだくさんの一日となります。

「ラッピング列車がライダーにとって、心の拠り所となれば嬉しいです。気持良い風を感じられる八頭・若桜谷にツーリングに来て、若桜鉄道の記念切符を買ってください」と山田社長は言います。
なお、若桜鉄道は車両を4両しか持たず、ローテーションを組んでいるため、ラッピング列車の運行時刻は毎日変化します。

160308_171

●若桜鉄道について
鳥取県東部、JR線の駅から駅までの19.2kmを結ぶ社員数17名の小さな第三セクター鉄道。1日7往復はJR線経由で鳥取駅まで乗り入れています。に並行する沿線は田畑が広がるのどかな山里ですが、過疎高齢化が進み業績は厳しくなっています。そのため、観光鉄道としてお客様を増やすべく若桜駅構内で蒸気機関車(SL)の展示運転、SLやDLの体験運転などを行うほか、ガイドが案内する観光列車を走らせるなど地域と連携した活性策を行っています。

情報提供元 [ SUZUKI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る