サインハウス、SB4X/Lite対応アップデートプログラム「B+COM4 V02.1」配布

160308_144

バイク用通信/撮影機器品の企画製造・販売を行うサインハウスは、バイク用Bluetoothインカム「ビーコム」シリーズにおいて、「SB4Xのエクステリア細部およびキット構成や価格などの見直しを測った「B+COM SB4X Lite」に対応するアップデートプログラム「B+COM4 V02.1」の配布を開始した。

SB4X/Lite対応アップデートプログラム「B+COM4 V02.1」

2013年3月の発売以来、音の良さ、高い操作性でご好評頂いた4代目フラッグシップモデル「SB4X」、そしてそのSB4Xの一部の外観とセット内容の簡素化を図りお求めやすい価格で登場したスタンダードモデル「SB4X Lite」について、一部の不具合を修正した最新プログラム「B+COM4 V02.1」をB+COMサポートページよりダウンロード開始致します。

◆B+COM SB4X/SB4X Lite V02.1アップデート内容◆

・デバイス機器とのペアリングに失敗する問題に対応
iPhoneやアンドロイド端末などのデバイス機器とペアリングする際、機器の認識はできているが正常にペアリングが完了できない問題に対応しました。

・デバイス機器との再接続の失敗に関する問題に対応
スマートフォンやトランスミッターなどと接続する際に、ペアリング済み(登録済みのデバイス機器と接続する際、接続処理が正しくできず接続が完了できない問題に対応しました。

◆B+COM SB4X/SB4X Lite V02.1アップデートプログラムの入手方法
最新プログラム「B+COM4 V02.1」へアップデートを行う場合は、以下サポートページよりアップデートプログラムをダウンロード下さい

B+COM SB4X/Lite最新プログラム「B+COM4_V02.1」の入手はこちら>>>

→全文を読む

情報提供元 [ サインハウス ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る