[Kawasaki]国内モトクロスについて2016年シーズンの参戦体制を発表

160308_121

カワサキは国内モトクロスについて2016年シーズンの参戦体制を発表した。

全日本モトクロス選手権 KRT参戦体制

全日本モトクロス選手権とは、MFJ(日本モーターサイクルスポーツ協会)が主催する国内最高峰のモトクロスレースである。1シーズン10戦開催され、各クラス決勝は30分+1ラップを2レース行う。国内チャンピオンは年間トータル獲得ポイントにより決定される。レースは、未舗装の起伏に富んだ自然の地形を利用し人工的セクションを設けたダートコースで競われる。国際A級ライダーの参戦するクラスは、IA1(2ストローク250cc以下、4ストローク450cc以下)とIA2(2ストローク125cc以下、4ストローク250cc以下)の2クラスで、マシンは市販の競技専用車両にチューニングを行い、戦闘力をさらに向上させたモトクロッサーを使用する。

160308_120

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る