[Kawasaki]国内モトクロスについて2016年シーズンの参戦体制を発表

160308_121

カワサキは国内モトクロスについて2016年シーズンの参戦体制を発表した。

全日本モトクロス選手権 KRT参戦体制

全日本モトクロス選手権とは、MFJ(日本モーターサイクルスポーツ協会)が主催する国内最高峰のモトクロスレースである。1シーズン10戦開催され、各クラス決勝は30分+1ラップを2レース行う。国内チャンピオンは年間トータル獲得ポイントにより決定される。レースは、未舗装の起伏に富んだ自然の地形を利用し人工的セクションを設けたダートコースで競われる。国際A級ライダーの参戦するクラスは、IA1(2ストローク250cc以下、4ストローク450cc以下)とIA2(2ストローク125cc以下、4ストローク250cc以下)の2クラスで、マシンは市販の競技専用車両にチューニングを行い、戦闘力をさらに向上させたモトクロッサーを使用する。

160308_120

→全文を読む

情報提供元 [ Kawasaki ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る