ホンダ、「CRF1000L Africa Twin」発売後約1週間で年間販売計画台数1,000台を上回る1,032台の受注

160308_119

ホンダは、2月22日(月)に発売したアドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」のHonda二輪車正規取扱店からの受注状況について、発売後の約1週間で年間販売計画台数1,000台を上回る1,032台(2月27日時点)と、好調な立ち上がりとなったことを発表した。

「CRF1000L Africa Twin」の受注状況について

CRF1000L Africa Twinは、真のアドベンチャーモデルを待ち望むお客様のご要望にお応えするため、「日常のコミューティングから広大な夢の大地を走破できる、真の本格アドベンチャーモデル」をコンセプトに開発。

力強く端正なスタイリングをはじめ、新開発の直列2気筒998ccエンジンによる小気味よい鼓動感と優れたトラクション性能、さらには定評のあるHonda独自の先進技術「デュアル・クラッチ・トランスミッション(以下DCT)」をタイプ設定するなど、オンロードからオフロードまでライダーの感性により忠実に反応するようコントロール性能を向上させました。

また、高剛性でありながら適度なしなやかさを併せ持つ「セミダブルクレードルフレーム」の採用により、さまざまな状況下において高次元でバランスの取れた軽快性と快適性を持つなど、次世代アドベンチャーモデルとしてふさわしい装備や先進技術を搭載したモデルとしています。

■購入ポイント
・冒険心あふれる力強く端正なスタイリング
・力強い出力特性の新開発直列2気筒998ccエンジン
・高速道路を含むオンロードはもとより、オフロードでも快適な走行性能を実現するセミダブルクレードルフレーム
・次世代アドベンチャーモデルとしてふさわしい装備や先進技術を搭載しながらも、消費税込みで150万円を切る価格帯

■タイプ別構成比
・マニュアルトランスミッションタイプ 56.0%
・DCTタイプ 44.0%

■車体色別構成比
・ ヴィクトリーレッド 42.8%
・パールグレアホワイト 43.7%
・デジタルシルバーメタリック 13.5%

■購入層
大型二輪免許を所有する40代から50代の男性に支持されています

16YM CRF1000L Africa Twin

16YM CRF1000L Africa Twin

16YM CRF1000L Africa Twin

【関連ニュース】
◆【試乗レポート】CRF1000L アフリカツイン(Africa Twin)速報レポート! ビックオフの常識を変える走破性
◆ホンダから21世紀のアフリカツイン「CRF1000L Africa Twin」がいよいよ発売!
◆ホンダ、技術特設ページ「Touch View」で「Africa Twin (DCT)」を追加し公開
◆ホンダ、CRF1000Lアフリカツインのカラー、グラフィック担当の女性デザイナー「伝統と未来を、つなぐデザイン」対談企画を公開
◆【新車】ホンダ、アドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」を2月22日から国内販売開始

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る