[KTM]MXGP Rd.2 MX2ハーリングスは2戦連続完全勝利 MXGPカイローリは総合5位

160308_07

『2016世界モトクロス選手権/第2戦タイ』が開催されました。Red Bull KTMファクトリーチームからMXGPクラス(2st250cc以下、4st450cc以下)に参戦した#222/Antonio Cairoli(アントニオ=カイローリ)は2-12の総合5位、#259/Glenn Coldenhoff(グレン=コルデンコフ)は15-19の総合18位。

またMX2クラス(2st125cc以下、4st250cc以下)に参戦した#84/Jeffrey Herlings(ジェフリー=ハーリングス)は前戦に続き1-1-の完全勝利。#41/Pauls Jonass(ポウルス=ジョナス)は9-5の総合5位。前戦で怪我を負った#46/Davy Pootjes(デイビー=ポーチェス)は今大会をキャンセルしました。

MXGPクラス

予選2番手のカイローリ。決勝のレース1では好スタートを切りトップを快走。しかし終盤にかわされ2位でフィニッシュ。チームメイトのコルデンコフは11位でスタートし15位でチェッカーを受けました。レース2はアクシデントの連続でした。コルデンコフはスタートゲートにヒット。カイローリはオープニングラップにトラブルに見舞われ最後尾付近まで順位を落とします。そこからプッシュしたカイローリは12位まで順位を上げフィニッシュ。2-12の総合5位でレースを終えました。コルデンコフは最後尾から追い上げ、一時14位にまで順位を回復しましたが、最終ラップに19位にまで順位を落としフィニッシュしました。

カイローリのコメント:
「レーススピードは戻ってきたが、開幕前のトレーニングで負った怪我の影響でコンディションは完璧じゃない。レース2ではホールショットを獲得したのに、そこでエンジンがストップ。ライバルたちが半周を過ぎたあたりでやっとエンジンが再始動した。そこから3~4周はアグレッシブに攻めた。しかし自分のリズムを越えてプッシュしていたため終盤に疲れてしまった。12位という結果は予想外であり残念だ」

コルデンコフのコメント;
「この週末のことは早く忘れることにする。レース1ではライバルをパスしようとしたときに大クラッシュ。レース2ではスタートゲートにヒットしてしまった。そのときにスポークを痛めていたようでラストラップで壊れてしまった」

 

MX2クラス

新しくなったタイのコースは滑りやすくライダーを苦しめました。しかしそんな路面コンディションも、またタイ特有の高い気温や湿度ですら、ハーリングスの勢いを止める要因とはなりませんでした。ハーリングスはライバルたちを圧倒。レース1では32秒、レース2では25秒もの差を付けて勝利。昨シーズンの怪我から完全復活を果たしました。チームメイトのジョナスは親指の怪我の影響もあり9-5の総合5位。レース1ではスタート直後の第1コーナーで激しく転倒。そこから9位にまで順位を回復しました。レース2ではホールショットを獲得するも後半に疲れが出て5位でフィニッシュしました。

ハーリングスのコメント:
「レース2の途中、テーブルトップで転倒しそうになってしまった。転倒せず、ラッキーだった。今は次戦が楽しみでならない。自分はいつも、母国GPでチャンピオン獲得を夢見ているが、その夢は未だ叶っていない。しかし今年は、次戦の母国GPで通算50勝を決められるかもしれない。それが実現すれば、それほど嬉しいことは無い」

ジョナスのコメント:
「親指の怪我の痛みで、開幕から今までバイクに乗ってトレーニングやセットアップが思うように出来ていない。しかし今日は、少し痛みも和らぎ良いフィーリングを得られた。レース1の転倒さえなければ両レースともにトップ5内でフィニッシュできただろう。シーズンは長い。いまはブレイクタイムだと思って怪我の回復に専念する。次戦はサンドコース。開催まで時間があるし、サンドは得意だから楽しみにしている」

次戦/第3戦は3月28日(月)、オランダ・ファルケンスワーストで開催されます。

■MXGP/Race1結果

1, Romain Febvre
2, Tony Cairoli – KTM
3, Tim Gajser
Other KTM
9, Shaun Simpson
15, Glenn Coldenhoff

■MXGP/Race2結果

1, Romain Febvre
2, Ben Townley
3, Maximilian Nagl
Other KTM
6, Shaun Simpson
12, Tony Cairoli
19, Glenn Coldenhoff

■MXGP総合

1, Romain Febvre
2, Tim Gajser
3, Jeremy van Horebeek
Other KTM
5, Tony Cairoli
6, Shaun Simpson
18, Glenn Coldenhoff

■MXGPポイントスタンディングス

1, Febvre 92 points
2, Gajser 86
3, Bobryshev 74
4, Van Horebeek 68
5, Cairoli(KTM) 64
6, Simpson(KTM) 57
Other KTM
14, Coldenhoff 33

◆MX2/Race1結果

1, Jeffrey Herlings – KTM
2, Alexander Tonkov
3, Jeremy Seewer
Other KTM
9, Pauls Jonass

◆MX2/Race2結果

1, Jeffrey Herlings – KTM
2, Max Anstie
3, Jeremy Seewer
Other KTM
5, Pauls Jonass

◆MX2総合

1, Jeffrey Herlings – KTM
2, Jeremy Seewer
3, Alexander Tonkov
Other KTM
5, Pauls Jonass

◆MX2ポイントスタンディングス

1, Herlings(KTM) 100 points
2, Seewer 74
3, Tonkov 70
4, Jonass(KTM) 68

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 性能復活だけじゃない遙かな高みの入口へ 【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾…
  2. 【PR】 ビッグバイクも自転車感覚 使い勝手と信頼性に納得! 【ビッグマシン・ゼ…
  3. 【PR】 高級感は圧倒的、走りもスポーティに進化する 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
  4. 【PR】 防水性能は折り紙付き エアバルブが超便利だ 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
ページ上部へ戻る