[HONDA]MXGP Rd.2 過酷なレースの中、ガイザーが2戦連続の表彰台登壇を果たす

160307_148

モトクロス世界選手権第2戦タイの会場となったスパンブリー・モータースポーツランドは、気温37℃、湿度58%の蒸し暑さに覆われました。そんな中で行われた決勝当日は、Team HRCのイブジェニー・バブリシェフとゴーティエ・ポーリンにとってフラストレーションの溜まる一日となりました。開幕戦で衝撃的なデビューを果たしたティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)は、またしても彼の本質を披露し、表彰台登壇を成し遂げました。

レース1のスタートでは、上位に多くのHonda勢がいる中、バブリシェフは8番手、ポーリンは14番手と集団に飲み込まれましたが、ガイザーは2番手と好位置につけました。ガイザーの前を走るのは、Hondaマシン「CRF450R」を駆る日本人ライダーの山本鯨(Team Honda Redmoto Assomotor)。好スタートを決め、自身初のホールショットを奪いました。ガイザーは、過酷なレース状況下の中でも、前戦から続く勢いそのままに、レース1を3位でフィニッシュ。Team HRCの両ライダーも、酷暑の中を勇敢に躍進し、バブリシェフは4位、ポーリンは終盤に最速ラップを刻み、7位でチェッカーフラッグを受けました。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る