九州が初の1-2!全国の絶景を知り尽くしたライダーの投票で決定する「2016絶景道ランキング」が発表

160307_23

枻(エイ)出版社が発行する月刊誌『BikeJIN(ばいくじん)』は、全国の絶景道について読者アンケートを実施し、「2016絶景道ランキング」を決定した。

毎年、行楽シーズンを前に行う絶景道ランキングの発表は今年で9回目。定番の絶景道だけでなく、今後話題になるであろう絶景スポットを先取りすることでも注目を集めている企画だ。

今回のアンケート結果の中での注目はなんといっても九州勢の1-2位独占。これはランキング発表を開始してから初の快挙となる。豪華クルーズトレイン「ななつ星 in 九
州」でも注目を集める九州の旅は、ツーリングでも人気のエリアになっていることが読者のアンケートからも伺い知れた。

以下プレスリリースより

2016年、読者が選んだ絶景道ランキングは以下の通りです。

1位:「阿蘇ミルクロード」(熊本)

世界最大規模のカルデラである阿蘇山麓の雄大な景色が広がる絶景ロード。近年、話題の通称「ラピュタの道」があることでも知名度が上がりました。

<受賞コメント> 阿蘇観光協会さん
「5月の連休明けの頃からが新緑が最も美しいシーズンです。広大なグリーンのカーペットの中をぜひ走りに来てください!」

2位:「やまなみハイウェイ」(大分・熊本)

湯布院から阿蘇へ、くじゅう連山を貫いて続く爽快なワインディングロード。沿道には温泉や観光施設も多く、タップリと時間をかけて走りと風景を楽しめます。

<受賞コメント> 九重町さん
「飯田高原の爽やかな風はもちろんくじゅう連山が、残雪から新緑そしてミヤマキリシマのピンクへと移り変わっていく姿も魅力です!」

3位:「ビーナスライン」(長野)

標高1500mから2000mの高所から絶景を堪能できる雲上のワインディングロード。南アルプスを望む大パノラマや、四季折々の表情が魅力の王道ルートです。

<受賞コメント> 茅野市観光協会さん
「6月下旬から咲き出すお花やきれいな景色、温泉、芸術と楽しめる場所が盛りだくさんです。日常の疲れを癒しにお越しください!」

4位:知床横断道路(北海道)
5位:しまなみ海道(広島・愛媛)
6位:磐梯吾妻スカイライン(福島)
7位:千里浜なぎさドライブウェイ(石川)
8位:志賀草津道路(群馬・長野)
9位:八幡平アスピーテライン(秋田・岩手)
10位:鳥海ブルーライン(秋田・山形)

選考方法

メールによる読者アンケートを実施。有効投票数約7200票(1人につき複数回答可)をもとに、全国各地の絶景道をランク付けしました。

※全ランキングは2016年3月1日発売『BikeJIN 4月号』に掲載しております。

【関連ニュース】
◆全国絶景ロード第1位はどこに!「みんなで選ぶ絶景ロードランキング2016」投票スタート[誰でも参加OK]

情報提供元 [ エイ出版社 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る