[YAMAHA]MXGP Rd.2 フェーブルが両ヒート優勝

160307_121

■大会名称:2016年第2戦タイGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2016年3月6日
■開催地:スファンブリ(コース長:1,600m)
■天候:晴れ/曇り、気温37℃

Monster Energy Yamaha FactoryのMXGPのライダー、ロマン・フェーブルが猛暑と湿気の中、タイで開催された2016年世界選手権MXGP第2戦で、両ヒートを制してレッドプレートを手にした。チームメイトのジェレミー・ファン・フォルベークも総合成績で3位に入り、見事ポディウムフィニッシュを飾った。

ディフェンディングチャンピオンのフェーブルは土曜日の予選を2位で終え、楽な展開で日曜日の決勝を迎えた。チームメイト、J・ファン・フォルベークは安定したペースで予選を走行して4位。一方、Kemea Yamahaのヴァランタン・ギヨはレースの大半で中団を走行して13位で予選を終えた。

日曜日の第1ヒート、フェーブルは2位につけて首位のA・カイローリを追う。そして12周目、1周1,600mのコースの第3コーナー付近で仕掛けてカイローリをパス。トップに立ったフェーブルはヤマハYZ450FMに乗ってペースを上げ、2位以下を引き離して最初にフィニッシュした。 チームメイトのファン・フォルベークは再び前後を走るライダーとの間隔をコントロールしながら走行し、第1ヒートを5位で終え、タイの焼け付くような太陽のもと、体力を温存した。

160307_122

第2ヒート、フェーブルはスタートからフィニッシュまでレースをリード。タイのコースで安全かつ大胆なラインどりを可能にした。昨年のMXGP世界チャンピオン、フェーブルはたくさんのジャンプ、ハードで滑りやすいダートとターンごとにできる深いわだちも不安なくこなし、2位に6秒以上の大量リードを築いて第2ヒートを制し、タイ大会のポディウム最上段に立った。この結果、フェーブルは、2016年MXGPのポイントランキングでもトップに立ち、レッドプレートを手にした。 ファン・フォルベークは第2ヒートのスタートで後方に下がるが、タイの熱帯の暑さの中で辛抱強く浮上のチャンスを待つ。ファン・フォルベークは4位でフィニッシュすると総合成績で3位となって表彰台に立ち、2016年MXGPポイントランキングでは4位につけている。

Kemea Yamaha Official MXライダーのギヨは第1ヒートのスタートで出遅れ、そこからほぼ周回毎に他のライダーをパスする追い上げを見せ、残り10分となるところで11位まで上がり、そのままフィニッシュした。 第2ヒートではスタートでタイムをロスすることはなく、ギヨはホールショットを奪ってみせた。自身よりも経験豊富なライダーの中にあってMXGP初シーズンのギヨはYZ450Fを駆って奮闘し、10位で第2ヒートを終えた。グランプリの総合成績は12位で、2016年MXGPポイントランキングでも12位となった。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る