[HONDA]MotoGP グリップ不足に苦しみつつ、最終日に大きく前進

160307_117

今季3度目の公式テストが、3月2日(水)~4日(金)の3日間、開幕戦カタールGPの舞台となるロサイル・インターナショナル・サーキットで行われました。このテストが終わると、いよいよ開幕戦を待つばかりとなるだけに、すべてのチーム、選手は緊張感が高まっていました。

ロサイルは、1周5.400km。ロングストレートと中速コーナーを組み合わせたレイアウトで、速度アベレージの高いサーキットです。2008年からはナイトレースとして行われ、公式テストも午後4時~午後11時という夜に及ぶ7時間で行われます。しかし、気温や路面温度が日中と夜では大きく変わるため、ほとんどの選手が日没を迎える午後6時からスタートし、気温が急激に下がり始める午後10時ごろを目安にテストを行います。

マレーシアテスト、そしてオーストラリアテストと着実に調子を上げているマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、最後の調整の場となる3日間のカタールテストに挑みました。MotoGPクラスにデビューした2013年のカタールGPは3位、14年には優勝していますが、昨年はオープニングラップでコースアウトを喫して5位に終わっています。マルケスは、カタールGPがHonda勢にとって、シーズンを通して最も厳しい戦いになると分析します。その要因の一つは、路面コンディションが安定せず、全体的にグリップが不足すること。そのため、RC213Vのパフォーマンスをうまく引き出せません。マルケスは昨年に引き続き、今年もこの課題に取り組みました。

初日と2日目は、ブレーキングは安定するものの、グリップ不足のため、コーナリングと脱出のスピードで大きくタイムロス。中速コーナーとロングストレートが多いサーキットだけに、このウイークポイントの解消は急務となります。3日間で139ラップをこなしたマルケスは、この課題に取り組み試行錯誤を続けます。そして、最終日に大きくセットアップを変更。これが功を奏して、タイムを大きく短縮することに成功。総合順位でも僅差の中で4番手と、まずまずの仕上がりとなりました。

今年は全車が共通のソフトウエアを搭載するなどレギュレーションが変わり、タイヤもブリヂストンからミシュランとなった変革のシーズンです。マレーシア、オーストラリア、そしてカタールと、3カ所での9日間のテストでセットアップに集中しましたが、時間が足りず、完ぺきな状態になったとは言えません。しかし、方向性は見えているだけに、あとは本番で調整していくことになりました。2年ぶり3度目のタイトル獲得に向けて、マルケスがどんな走りを披露するのか。世界中が注目しています。

160307_118

160307_119

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る