スズキ、「グラディウス」に燃料タンクが損傷して燃料が漏れるおそれ

160304_110

■リコール対策届出日
2016年02月24日

■リコール対策届出番号
外-2298

■リコール対策開始日
2016年02月25日

■届出者の氏名又は名称
スズキ株式会社
代表取締役:鈴木 修
問い合わせ先:お客様相談室
TEL 0120-402-253

■不具合の部位(部品名)
燃料タンク

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
燃料タンクにおいて、ブリーザホースの組付けの作業指示が不適切なため、ホースが屈曲して組付けられているものがある。そのため、ホースが閉塞し、燃料タンクの内圧調整ができず変形して、最悪の場合、燃料タンクが損傷して燃料が漏れるおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、ブリーザホースの閉塞の有無を点検し、閉塞しているものは燃料タンクとブリーザホースを交換する。また、閉塞していないものは、ブリーザホースを新品に交換する。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、No. 外-2298のステッカーを貼付する。

■車名
スズキ

■通称名/型式/不具合装置/製作期間/対象車の車台番号/対象台数

通称名 型式/型番 輸入/製作期間 車台番号又はシリアル番号 対象台数
「GLADIUS」 CX112 2013年01月28日 ~ 2015年01月23日 JS1CX112100108376 ~ JS1CX112100113760 30

■対象台数(合計)
30台

■製作期間(合計)
2013年01月28日 ~ 2015年01月23日
計1型式1車種
30台

160304_109

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る