[MFJ]Rosetta Motorrad39 KOREA 2016年チーム参戦発表

160304_108

酒井大作が率いるMotorrad39がチーム結成5年目となる2016年、新たなパートナーを迎え、新展開を図る。

今シーズンもBMWオフィシャルチームとしてJSB1000クラスにフル参戦。メインスポンサーとして株式会社Rosetta Holdingsとパートナーシップを組みエースライダーの酒井は、Rosetta Motorrad39から、韓国人ライダーのリム・ホゴンは、Rosetta Motorrad39 KOREAからエントリー。2チーム2台体制で臨む。鈴鹿8耐にも同じく2チーム2台体制での参戦となり、Rosetta Motorrad39 KOREAは、リムと星野知也、大西敬紀が参戦。酒井のペアは、まだ正式に決まっていないが、表彰台経験のある海外ライダーを起用する予定だと言う。

「本当に多くの方に応援していただき、こうしてチーム参戦発表をできたことを感謝したいですね。Motorrad39は、何もないところからのスタートでしたが、人と人の出会いがあり、多くの方に支えられて今があります。間もなく新たなシーズンに向けたテストが始まります。今年は、スペインで行われるBMWの合同テストに誘っていただけたので、来週渡欧しますし、すぐに鈴鹿のファン感謝デーにも参加します。今年もチーム一丸となって全力で戦いますので、力強い応援をお願いいたします」と大作。

Motorrad39応援ツアーやサポータークラブイベント、パーティーや各種イベント、大作がプロデュースするD.R.E JAPANブランドの発信などを積極的に行いレース業界を盛り上げて行く予定だ。

→全文を読む

情報提供元 [ MFJ SUPERBIKE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  2. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  3. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
  4. 20170206_eu05
    【Webikeニュース編集部】 平成28年規制で欧州規制EURO4とほぼ同等に 2016…
ページ上部へ戻る