【ケニー佐川 コラム】「新型ハイパーモタード」試乗会で感じた新しいスポーツライディングの楽しみ方

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

160304_01

「新型ハイパーモタード」のプレステストにスペインへ

ドゥカティの新型「ハイパーモタード939/SP」のインターナショナルプレステストに行ってきました。会場となったのはスペイン・バルセロナ近郊のカステローリ・サーキットとその周辺のワインディングロードです。

新型ハイパーモタード939ですが、先代の821から排気量が拡大されて937ccへ。最高出力と最大トルクもアップしています。シャーシは特にアナウンスがなかったので大きな変更はないようですが、エンジンマネジメントも含めて全体的にアップグレードされているとみて間違いないでしょう。

予想を裏切る”安心感”

今回試乗したのは2つの仕様で、初めにオーリンズ製前後サスを装備した上級バージョンのSPをサーキットでテスト。詳しいインプレッションは後日あらためてレポートしたいと思いますが、まずはそこで感じた新しい感覚についてお伝えできればと。

その日、実はあまり気乗りしませんでした。朝から冷たい雨が降り続いていて、初めて走るサーキットは路面ミューも高くなさそう(笑)。さらにお相手は気難しい印象が付きまとうメガモタードモデル。正直、走る前からナーバスな心境でしたが、新型ハイパーモタード939はいい意味で予想を裏切る”安心感”で私を迎えてくれたのです。

160304_03

ウェットコンディションだからこそ、電子制御の恩恵を感じた

そのカギは今回も電子制御にありました。まずは出力特性が穏やかな「ウェット」モードで探りながら走り始め、コースに慣れていきます。トラコンとABSの設定も自動的に最大になっているので、雨の中でも車体が起きていれば思い切ってアクセル全開とフルブレーキが可能です。コーナー立ち上がりでの不用意なスピニングや、ブレーキングでの握りゴケを怖れて、特にウェットではスムーズな操作ができないものですが、そこをいざとなればマシンが助けてくれる安心感。精神衛生的にもかなり◎です。

しばらく走ってコースに慣れてきたところで、モードを「スポーツ」から「レース」へとさらにレベルアップしていきますが、その頃になると体もマシンに順応してくるので、より俊敏な出力レスポンスや強いブレーキングにも対応できるようになってきます。逆に言えば、電子制御の介入レベルを下げられる。つまり、電子制御によってサーキット走行で最初の鬼門となる、”慣熟不足による自爆のリスク”をかなり低減できるのです。電制はコンディションが悪いときほど心強いとあらためて実感しました。

もちろん、ピレリのレインタイヤの恩恵も大きいです。いくら高精度なトラコンやABSでも横G方向には働いてくれません。コースの一部には雨水が流れている部分もあったのですが、そこを何事もなくバンクされたまま走り抜けられたのは最新のレインタイヤのパフォーマンスによるところでしょう。

160304_02

人間とマシンが相互に補完し合いながら、難しい局面を切り抜けていく。これもまたモータースポーツの醍醐味。新しい時代のモーターサイクルの楽しみ方なんだと思いました。

Webikeニュース編集長 / ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る