[KTM]AMA SX Rd.8 ダンジーとムスキャンが1-2フィニッシュを達成!

160301_22

ダンジーがファイナルラップにトップに出て優勝

ジョージア州で開催された『2016スーパークロス/第8戦アトランタ』。Red Bull KTMファクトリーチームから450SXクラスに参戦した#1/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)はファイナルラップにトップに出て優勝。#25/Marvin Musquin(マーヴィン=ムスキャン)はダンジーとバトルを繰り広げ2位でレースを終えました。

練習走行で2番手のタイムをマークしたダンジーは好調をアピール。ヒートレースでも好スタートを切り3位をキープします。しかしミスを冒し2つポジションダウン。その後、前を行く2人のライダーがサンドセクションでクラッシュ。3位となったダンジーはそのままチェッカーを受け、決勝に進みます。

ムスキャンは次のヒートレースに出場、ホールショットを獲得します。その後幾つかミスを冒しポジションを落としますが4位でフィニッシュ。決勝に駒を進めました。

迎えた決勝。ムスキャン2位、ダンジー5位で第1コーナーをクリア。ムスキャンはすぐにトップを捉え、またダンジーもそれに続き2位にポジションを上げます。ムスキャンとダンジーのトップ争いはレース終盤まで続き、そのチームメイト同士の争いに会場は大いに盛り上がります。そしてラスト1周となったとき、ムスキャンは同一ラインを走る周回遅れのライダーに接触し転倒。その伱にダンジーがトップに。ムスキャンはすぐにリカバリーしてレースに復帰しますがそのままチェッカーを受け、ダンジー1位、ムスキャン2位でレースを終えました。

またKTMを駆るBTO Sports/KTM/WPSの#18/David Millsaps(デビッド=ミルサップ)が4位、#10/Justin Brayton(ジャスティン=ブライトン)が5位でフィニッシュしました。

ダンジーのコメント:

「今日のムスキャンは強かった。プレッシャーをかけ続けたが、ファイナルラップまで彼をパスすることができなかった。とはいえ今夜は、チームメイトと表彰台をシェアすることができて良かった」

ムスキャンのコメント:

「19周もダンジーを押さえてトップを走ることはとてもハードだった。そして最後の最後で,それを失ってしまった。本当に勝利を望んでいただけに悔しい。しかし思い通りのレースができ、450クラスでのベストリザルトを獲得できた。チームメイトと表彰台に上がることができて良かった」

次戦/第9戦は、3月5日(土)フロリダ州デイトナで開催されます。

■450SXクラス 決勝結果:

1, Ryan Dungey – KTM
2, Marvin Musquin – KTM
3, Chad Reed
4, David Millsaps – KTM
5, Justin Brayton – KTM

◎450SXクラス ポイントスタンディング

1, Dungey(KTM), 191 points
2, Roczen, 158
3, Anderson, 145

→全文を読む

情報提供元 [ KTM JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る