[YAMAHA]AMA SX Rd.8 450SXでC・リードが3位表彰台を獲得

160301_18

■開催日:2016年2月27日(土)
■開催地:ジョージア州アトランタ
■会場:ジョージア・ドーム
■観客数:61,683人

450SX:C・リードが3位表彰台

2016年AMAスーパークロスは東海岸に移動し、その最初の大会がシリーズ第8戦として2月27日土曜日、ジョージア州アトランタのジョージア・ドームに61,683人の大観衆を集めて開催された。 これまでとは大きく異なる、ラフでわだちができやすい路面に、ライダーの得手不得手が現れるレースとなった。

Monster Energy/360fly/Chaparral/Yamaha Factory Racingからエントリーのチャド・リードはヒート1に参加して4位に入り、メインイベント進出を決めた。 一方、Autotrader/Monster/Yamaha/JGR teamのウエストン・パイクはヒート2で12位となったため、セミレースに回ることになった。そしてパイクはセミ1に出走して2位でゴール。メインイベント出場を決めた。 パイクのチームメイト、フィリップ・二コレッティもヒート2に参加するが、1周目に多重クラッシュに巻き込まれてしまい、膝を負傷。医療チームの処置を受けることになったが、以後のライディングは不可能となり、ここで今大会を断念した。

20周で争われるメインイベント。C・リードのスタートはあまり良くなかったものの、1周目を終えるまでに3位まで上がると、R・ダンジ―(KTM)、J・ブレイトン(KTM)らと争いながらポジションをキープ。その後も安定した走行を続けたリードは、そのまま3位でチェッカーフラッグを受け、第3戦アナハイム大会以来となる表彰台に立った。

一方、W・パイクは1周目を終えて14位。その後、J・スチュワート(スズキ)らと争いながら徐々に順位を上げ、7周目には9位まで浮上する。その後も10位前後を走行したパイクは12位でフィニッシュした。

2016年AMAスーパークロス・シリーズ第9戦は3月5日土曜日、フロリダ州デイトナビーチにあるSXデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで開催される。

→全文を読む

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
  2. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 コーナーへのアプローチでは、「しっかり…
  3. 新型EVマシン「韋駄天FXS改」を開発しパイクスピークへ挑戦 EV(electric ve…
  4. ブリヂストンの新作タイヤを中心とした体感試乗会が、静岡県伊豆市の「サイクルスポーツセンタ…
ページ上部へ戻る