[HONDA]MXGP Rd.1 最高峰クラス初参戦のガイザーが開幕戦でダブルウインを達成

160229_29

ティム・ガイザー(Team Honda Gariboldi Racing)が信じられないデビューウインを飾りました。ガイザーは両レースでファステストラップを記録して優勝し、圧倒的な週末を印象付けました。

この開幕戦は、昨年のMX2ワールドチャンピオンのガイザーが、最高峰のMXGPクラスにステップアップし、CRF450RWに乗る最初のレースでした。スロベニア出身のガイザーは、この450ccマシンを非常に気に入っており、今季のMXGPでの活躍が確実視されていましたが、このロサイルサーキットにおける圧勝には彼自身も驚いています。

Team Honda Gariboldi Racingの243番のマシンは、週末を通じてラップタイムリストの上位にいました。フリープラクティス3番手、タイムドプラクティス4番手、予選レース2番手、そして今日の決勝では2レースとも勝利を収めました。これによりガイザーは、MXGPで優勝した最も若いルーキー(昨年9月に19歳)となりました 。

また、イブジェニー・バブリシェフ(Team HRC)は、決勝レースでは2位/3位となり、総合3位に入賞しました。

バブリシェフはCRF450RWを駆り、2日間を通して力強いライディングを披露。土曜日に行われた予選レースではトップでフィニッシュし、日曜日の決勝レース1ではホールショットを取ります。しかし、レース2では小さいクラッシュによって、2位/2位を逃しました。それでもバブリシェフは、ランキングで現在2位のロマン・フェーブル(ヤマハ)と同点の3位につけています。

同じくTeam HRCのゴーティエ・ポーリンは、レース2でホールショット。スタート直後に、バブリシェフとガイザーらのHonda勢で1-2-3番手を占めるものの、3番手走行中にリタイアを喫しています。

この結果、昨年度MX2チャンピオンのガイザーは、MXGPクラスに昇格して初のデビュー戦で見事に1位/1位で総合優勝。MXGPポイントリーダーとして今週末の第2戦タイGPに臨みます。バブリシェフの3位入賞と合わせ、Honda勢が2台ポディウムに登る、2016年の開幕となりました。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る