[HONDA]SBK Rd.1 ファン・デル・マーク、2レース連続で表彰台獲得

160229_27

■2016年2月27日(土)~28日(日)
■会場:フィリップアイランド・サーキット
■天候:27日(曇り)、28日(曇り/晴れ)
■気温:27日/22℃、28日/22℃
■コースコンディション:27日/ドライ、28日/ドライ
■観客:3万1312人

2016年のスーパーバイク世界選手権が、オーストラリアのメルボルン近郊にあるフィリップアイランドで開催されました。雲が多く、一日に何度も小雨が降る不安定な天候でしたが、ほぼドライコンディションで行われました。

スーパーバイク世界選手権には、Honda World Superbike Teamから2年目のシーズンを迎えるマイケル・ファン・デル・マークに、MotoGPの06年チャンピオンのニッキー・ヘイデンが加わり、強力な布陣となりました。今年は、開幕前に行われた公式テストで、ファン・デル・マークとヘイデンが、ともに好調な走りを見せ、開幕Vの期待が寄せられました。

その期待は、金曜日のフリー走行を終えた時点で現実味を帯びてきました。ファン・デル・マークが2番手でスーパーポールに進出して、6番グリッドを獲得。6番手でスーパーポールに進出したヘイデンも7番グリッドを獲得。ともに優勝を狙える位置から決勝に挑むことになりました。

今年から、土曜日にスーパーポールと第1レース、日曜日に第2レースが行われます。そして迎えた第1レースでは、カワサキ勢のトム・サイクス、ジョナサン・レイ、ドゥカティ勢のダビデ・ジュリアーノ、チャズ・デイビス、ヤマハ勢のシルバン・ギュントーリ、アレックス・ロウズの6人にHonda World Superbike Teamの2人が加わり、8台がトップグループを形成し、し烈な戦いとなりました。

終盤には、トップ集団から抜け出したレイ、ジュリアーノ、デイビス、そしてファン・デル・マークが新たなトップ集団を形成。レイ、デイビス、ファン・デル・マークの順で僅差でフィニッシュしました。ヘイデンは、後半になってタイヤの消耗に苦しんで9位でした。

日曜日の第2レースも、第1レースの集団からロウズを除いた7人がトップグループを形成し、し烈な戦いを繰り広げました。後半はファン・デル・マークがトップに立って終盤を引っ張る形となりましたが、終盤にレイにかわされて2位でフィニッシュ。惜しくも初優勝を逃すも、2レース連続で表彰台に立ちました。ヘイデンは、ジュリアーノと最終ラップに激しいバトルを繰り広げ4位。惜しくも、スーパーバイクデビューの表彰台を逃しました。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る