個人間の配車サービスUber、タイで「UberMOTO」バイク配車サービスを開始 タイの大渋滞への一手となるか

【Webikeニュース編集部】

uber04-20160226

ウーバー・テクノロジーズが運営する、個人間の配車サービス「Uber」が、タイにおいて「UberMoto」バイクでの配車を可能とするサービスを新たに開始することを発表した。これによって個人間での「バイクタクシー」がしやすくなる、プラットフォームになる可能性を秘めている。

世界中で広がりを見せている配車サービス「Uber」とは

uber05-20160226

Uberは一般的なタクシーの配車だけではなく、個人間の空き時間、自家用車を使用して有償にて人を運ぶというサービスが特徴だ。
ライセンスなどは必要がなく、当日現金のやり取りも発生せずに、クレジットガートなどを経由して送金が個人間で行われる仕組みも取り入れている。運転する側も乗る側も相互で「評価」され、そういったものを参考に配車を選ぶこともできる。
配車する側は空き時間にちょっとした「収入」を得ることができるため、それも広がりを見せる一因となっている。

海外ではタクシーに関しての安心・安全というものがそこまで高くない為に、こういったサービスが急速に普及している。レビューを見れば安心できるドライバーかもわかるということだ。日本では個人間の運送サービスが「白タク」行為に当たるとしてサービスは中止されている。
しかしながら交通インフラが発展している国においては、既存のタクシー労働組合や、行政と訴訟になるといった問題も起こっている。

激しい渋滞が社会問題となっているタイ・バンコク

uber02-20160226

今回発表されたサービスは、慢性的な「超」大渋滞の問題を抱えるタイにおいて、車だけではなくバイクの配車を可能にするサービスを、今回新たに取り入れた点が特徴的だ。
ヘルメットなどは配車側が準備。本サービスでは支払いは現金・またはクレジットでUberを経由しての支払いか、どちらかを選ぶことができる。

導入期間としてはタイ・バンコクの限られたエリアでの配車サービスを開始し、順次そのエリアを広げていくことを発表している。

バイクの配車サービスはアジア各国で広がる可能性とバイクの価値向上

uber01-20160226

この動きはいずれ東南アジア各国で導入されていくケーススタディーになる可能性を秘めている。今後ベトナムやインドネシアなど、バイクが庶民の足として普及しており、交通インフラに問題を抱える国にとって、大渋滞への一つの手段として普及する可能性を秘めている。
既存のインフラをそのまま活用し、アプリケーションだけの導入で広がるとなれば、設備投資が難しいアジア各国でも爆発的に広がる可能性を秘めている。

また、バイクの活用と資産価値が更に高まることによって、バイクの販売台数にも大きく関わってくる可能性を秘めている。バイクで収入が得られるとすれば、バイク自体の資産価値も上昇し、稼働が増えればそれだけバイクを扱う業界にとってプラスとなるからだ。

これからのUberMOTOに注目するとともに、タイに旅行する方がいれば、活用してみてはいかがだろうか。今なら、キャンペーンで初回入会者に無料の配車チケットをプレゼントしている。

→全文を読む

情報提供元 [ Uber ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る