【試乗レポート】ヤマハ、「YPJ-R」インプレッション 「電動アシスト自転車」のイメージを覆すデザインと走行性能にドキドキ!

【Webikeニュース編集部】

ypj06-20160225

昨年発売されたE-Vinoを始め、ヤマハは早くから電動バイクの商品化を目指して様々な製品を世に送り出してきた。また、今や子供を送り迎えする主婦にすっかりおなじみの、電動アシスト自転車が普及するきっかけとなった「PAS」シリーズを世界に先駆けて発売したのもヤマハである。

新しいイメージを感じる電動アシスト自転車「YPJ-R」

ypj15-20160225

電動アシスト自転車のイメージは、そんな「主婦の乗り物」というイメージが長く続いてきた。ロードスポーツサイクルの爆発的な普及とは別の流れで動いていたと言ってもいい。
今回編集部が試乗させてもらった電動アシスト自転車「YPJ-R」はいわゆるママチャリイメージからはかけ離れた「ロードスポーツ」モデルだ。

「楽する」アシストから、「楽しむ」アシストへ

パワーユニットはこのモデル専用に開発されたもので、今までの電動自転車とは異なるテストやアシストのプログラムを試行錯誤してたどり着いた、ロードスポーツ向けの味付けになっている。電力を供給するバッテリーも非常に小型(450g)で、小型化されたモーターを効率良く駆動するように検討を重ねられ、わずか1時間でフル充電できる利便性も持ち合わせている。

ypj07-20160225
▲パワーユニットはYPJ-Rに専用設計されたもの
ypj08-20160225
▲超小型のバッテリー。カーボン柄が特別感を感じる

車体はアルミフレームで、ドライブユニットを取り付けるパーツは鍛造として強度と軽量化を両立。フレーム自体も一部でハイドロフォーミング製法を採用し絶妙な曲面の美しい外観を作り出している。

ypj01-20160225
▲独特のラインは「水の圧力」で作り出す
ypj05-20160225
▲ヘッド部分には音叉マークが入る

試乗インプレッション

ypj11-20160225
▲メーター部分は様々なインフォメーションを表示。USBポートも備え、スマホといった外部機器への給電が可能

電動アシスト自転車「YPJ-R」に乗って、すぐにそのメリットを感じられるのが、スムーズな加速性能だ。電動アシスト機能が制限される時速24キロまで、するすると加速してしまう。そして、従来の電動アシスト自転車であれば、アシスト機能がオフになった時に感じる、あの「重さ」がほとんど感じられない。普通のロードスポーツ自転車とほぼ遜色ないイメージで巡航することができる。
もちろん、電動アシスト自転車の本領を発揮する登り坂では、座ったままの姿勢で楽々と漕ぎ抜けてしまう。この軽快さがあれば、自転車でのロングライドもなんと楽しいだろう、と感じずにはいられない。

ypj09-20160225
▲ひと通りの説明を受ける。15kg台と電動としてはとにかく軽い車体
ypj10-20160225
▲編集長もさっそうと駆け抜ける

ヤマハはこの「YPJ-R」をスポーツ用ではなく、クルージングを楽しむスポーツ自転車と明確に位置付けており、「より楽しむための電動アシスト自転車」という新しいジャンルを生み出そうとしている。

ypj13-20160225

今まで体力的な面からロードバイクに二の足を踏んでいた人や、自転車通勤を始めてみようと思う人にもピッタリの1台といえるだろう。
日頃運動不足で、バイクに乗ってばかりでは体力が低下する一方……とため息をつく方、ぜひ「YPJ-R」を一度試乗してみることをお勧めしたい。これを機に自転車通勤を始めようかな、という気持ちが芽生えるぐらい、「YPJ-R」は魅力にみちた新しい乗り物である。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る