【新車】MVアグスタ、ルイス・ハミルトン選手とコラボし、限定244台となる『DRAGSTER RR LH44』を発売

G209149

MVアグスタは、フォーミュラ・ワン(F1)で3度のワールドタイトルを獲得したルイス・ハミルトン選手とのコラボレーションにより誕生した、世界限定244台のモデル『DRAGSTER RR LH44』を発売する。
また、同モデルは本年度開催される東京モーターサイクルショーで展示する予定。

MV AGUSTA×ルイス・ハミルトン
コラボレーションモデル『LH44』 『勝利』と『絶対』の具現化

G208394

G208223G208428G208431G208302
G208287G208252G208241G208352

F1 ドライバーのルイス・ハミルトンと DRAGSTER RR には、共通点があります。どちらも過激で極端なスタイルの持ち主で、ディテールに徹底的にこだわり、熱狂的で、大胆で、ライバルを恐れません。両者はともに、「勝利」と「絶対」を求めます。抑えがたく惹かれあった両者は、伝説になるでしょう。たった数語、「Dragster RR LH44」という伝説に。もともとハンドビルドならではの価値を備えている DRAGSTER RR は、特別なパーツと仕上げによって、より希少価値の高いコレクターズアイテムになりました。過去、F1 チャンピオンが直接新型バイクの制作に携わったことはありません。MV AGUSTA だからこそ成し得たことです。

ルイス・ハミルトンは、数ヶ月にわたってカスティリオーニ・リサーチセンターと密接に連絡を取り合い、ディテールや仕上げ、高級アクセサリーの決定を行いました。グラフィックは、その好例です。パールホワイトを基調としたカラーとクロヒョウのマークは、ハミルトンのヘルメットから。「44」は彼の F1 マシンのゼッケンで、バイクのフロントとサイド、そして言うまでもなくイグニッションキーを飾ります。真のクラフトマンシップにより、バイクには数え切れないほどの特徴がもたらされています。

アルカンターラにキルトパターンを施したシート。イーガル材から作られた数々のパーツ(ブレーキレバー、フレームプロテクター、エンジンプロテクター、フィラーキャップ、ブレーキポンプカバー)は特別なレッドアルマイト仕上げ。また、可変式クリップオンハンドルは、サイドスタンドやフレーム、ヒールプレートと同様のマットブラック仕上げです。

F1 マシンと同様、LH44 のボディワークのほとんどはカーボンファイバー製で、マット 3K 仕上げ。非常に高価かつ魅惑的なこの素材は、前後フェンダー、スクリーン、エアボックスカバー、サイドカバー、サイレンサーヒートガード、ギヤボックスカバー、スイングアームカバー、そしてスプロケットガードに採用されています。F1 マシンとの共通点を示すレースゼッケン 44、さらには黒豹とハミルトンのサインがバイクのフロントに配されます(244台のみリミテッドエディションの ID プレートも組み込まれます)。

BRUTALE 800 DRAGSTER RR LH44

モデル名:MV AGUSTA 『BRUTALE 800 DRAGSTER RR LH44』
希望小売価格・発売時期:¥3,391,200(税込)・5 月発売予定
世界限定モデル:244台

G209149

G209149G209157G209141G209127
G209167G209123G209173G209188

『BRUTALE 800 DRAGSTER RR LH44』主な特徴

MV_DragsterRR_Lewis_Hamilton_04

 

■エンジン

MV AGUSTAの並列3気筒エンジンは、現代のパワーユニットにおけるひとつのベンチマークとして認められており、イタリアの純粋な技術の最高峰として、進化を続けています。そしてMV AGUSTAはこれまでに基準となるようなバイクを造り上げ、ファインチューニングしてきましたが、すべての“RR”と同じように、DRAGSTERはさらに特別なものを提供します。このカテゴリーで、最もパワフルなエンジンです。BRUTALE 800とBRUTALE 800 DRAGSTERにも搭載されている3気筒エンジンは、この最新バージョンにおいてスーパーバイクのような領域、13,100rpmで140hp(本国仕様)を発揮します。BRUTALE 800 DRAGSTERRRは、ただ個性的で目を引くバイクではなく、同じセグメントのライバルたちが手の届かない領域に到達しているのです。

MV_DragsterRR_Lewis_Hamilton_01

同等のパワーを発揮するエンジンは、もう1台のMV AGUSTA、F3800にしかありません。可能な限り軽量コンパクトとし、優れた扱いやすさを備えるレーシングパフォーマンスが融合したエンジンです。それはMVの開発者たちが3気筒エンジンの開発をスタートしたときに設定した目標であり、BRUTALE 800 DRAGSTERRRのエンジンは、見事にその目標へ到達したのです。その排気量にもかかわらず、重量は52kgと非常に軽量でコンパクトな並列3気筒エンジンは、重量配分の最適化に貢献する一方、標準的なプロダクションモデルではこれまで採用されたことがなかった逆回転クランクシャフトが、BRUTALE 800 DRAGSTERRRの力強いパフォーマンスを高めます。これらは、イタリアンエンジニアリングの優秀性を証明し、世界で最も先進的なトリプルエンジンとする特徴です。

細部において行われた、たゆみない探究は、新しい油圧チェーンテンショナーの開発を促し、静粛性、信頼性を向上させました。F3800の派生ではなく、DRAGSTERに搭載された3気筒ユニットの進化を求めて開発された結果、BRUTALE 800 DRAGSTERRRのエンジンは最もパワフルなものに仕上がっています。140hp/13,100rpm(本国仕様)というスペックの達成には、完全に再設計されたエアボックス、最適化され、より効率を上げたエキゾーストシステムも貢献しています。燃料噴射システムも変更されており、シックスインジェクターシステムが採用されました(1気筒あたり、2本のインジェクター。他のBRUTALEでは1気筒あたり1本です)。またフューエルタンク形状もDRAGSTERRRのデザインにあわせて見直しています。パワーは低回転域からリニアに立ち上がり、高回転域で爆発的に発揮されます。

3気筒エンジンの涙が出るような加速を体験できるでしょう。レブリミッターは13,200rpm(本国仕様)で作動します。そしてもちろん、パワーだけを求めたのではありません。トルクも81Nmから86Nm(本国仕様)に向上しました。この数値は、刷新されたMV AGUSTA3気筒エンジンの印象的な個性を、明確に表現します。また、レーシングフィールドからのもうひとつのフィードバックであるカセット式の6速ギヤボックスはごく自然に採用され、専用に設定されたギヤ比は、オンロードにおける驚異的な加速だけでなく、サーキットにも対応する多才さを発揮します。

 

■エレクトロニクス

電子制御を司る、第2世代のMVICS(モーター&ビークル・インテグレーティド・コントロール・システム)がさらに改良されました。これまで以上に効果的で精密なマッピングにより、3気筒800エンジンに爆発的なパワーと、高効率の低燃費を両立させています。パフォーマンスの追求が、エコ、低コストに悪影響を与えないことを明確に実証しているのです。

MV_DragsterRR_Lewis_Hamilton_20

MVICSは、“EldorEM2.0”ECUと、フル・ライド・バイ・ワイヤーのミクニ製スロットルボディで構成されています。他のMV AGUSTA3気筒モデルと同様に、システムでは4種類のマッピングを選ぶことができます。スポーツ、ノーマル、レインの3種類はプリセットされており、“カスタムモード”ではエンジンレスポンス、レブリミッター、トルクレスポンス、スロットルレスポンス、エンジンブレーキなどを好みに調整し、セットすることができます。もちろん、BRUTALE 800D RAGSTERRRは8段階調節のトラクションコントロールが装備されており、専用マッピングとリンクしています。

この並外れたパフォーマンスを完全にコントロールするのに、新しいクイックシフター“EAS2.0”も頼りになります。クラッチ操作なしに、驚異的な早さでシフトアップ&シフトダウンを行うことができます。特に、電子制御式ダウンシフトコントロールシステムの採用は、このカテゴリーにおける技術革新といえるでしょう。新しいスリッパークラッチも、コーナー進入時におけるマシンコントロールをより簡単にしました。サーキットだけでなく、公道においても大きなアドバンテージをもたらします。

 

■シャシー

BRUTALE 800 DRAGSTERRRのサイズは、ネイキッドスポーツバイクのベンチマークとして開発されたBRUTALE 800 DRAGSTERと同様です。ホイールベースは1,380mm、トレールは95mm。タイヤも変わらず、リヤには個性的なピレリ・ディアブロ・ロッソIIの200/50サイズを装着しています。シャシーでは、ALSスチールパイプのトレリスフレームと軽量なアルミ製スイングアームという、最新のMV AGUSTA製バイクと同じ組み合わせを採用しています。

MV_DragsterRR_Lewis_Hamilton_28

このシャシーデザインは個性的で、ひと目でそれと分かる存在にしているだけでなく、必要なねじり剛性を確保しながら、車体を可能な限り軽くするという、2種類の要求項目を効率よく達成させています。サスペンションでは、スムーズな走りを実現する最新のコンポーネントが採用されています。新たに装着されたCRCステアリングダンパーは公道、サーキットの両方に対応するもので、もちろん好みに合わせて調整することが可能です。φ43mmのマルゾッキ倒立フロントフォークは軽量化され、作動性も向上しました。

アウターチューブのレッド・アルマイト処理、インナーチューブのDLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)コーティングが、スムーズな動きの実現と耐久性アップに貢献しています。もちろん、外観も魅力的です。ザックス製のリヤショックもアジャスタブルで、前後125mmのトラベルは従来と同様です。高さ811mmのシートやステップなどポジションには、DRAGSTER800で高く評価されたエルゴノミクスデザインが採用されていますが、スペシャルカスタムのヒールガードが装着されています。驚異的なストッピングパワーをもたらすブレンボ製のブレーキシステムは、フロントがφ320mmのフローティングディスクと4ピストンキャリパーの組み合わせ。

リヤは220mm+2ピストンキャリパーです。滑りやすい路面、濡れた路面においても安全性とパフォーマンスを確保するABSシステムが、ブレーキのパッケージを完全なものにしています。スポークホイールは、BRUTALE 800 DRAGSTERRRを他のモデルと即座に区別する新しい特徴です。職人的アルマイト処理、手作業による組み立て、ブラック、ホワイト、またはレッドのリムカラー。この新しいMV AGUSTAからにじみ出る、たくましくも上品な美しさを象徴するコンポーネントです。

そしてこのモデルに捧げられたグラフィック、完璧な仕上げは、自動車業界においても高級車のみに使用される複数レイヤーのペイントによって強調され、唯一性をさらに際立たせています。野獣のような力、品格にあふれるたたずまい。BRUTALE 800 DRAGSTERは、カリスマとして君臨します。

【関連ニュース】
MVアグスタ、新設計の『BRUTALE 800』『DRAGSTER RR LH44』をEICMAで発表 出展モデルを公開
MVアグスタ、新設計の『BRUTALE 800』『DRAGSTER RR LH44』をEICMAで発表
【新車】MV AGUSTA、完全新設計ネイキッド「BRUTALE 800」を4月に発売

情報提供元 [ MV AGUSTA JAPAN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る