[HONDA]AMA Rd.7 シーリーが4位、カナードは9位でチェッカー

160224_107

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSSシリーズは、カリフォルニア州サンディエゴからテキサス州アーリントンへと移動。2月19日(土)にAT&Tスタジアムで、第7戦が開催されました。

3組に分かれて行われた2度目のタイムアタック予選では、Team Honda HRCのトレイ・カナードが、50秒618という全体で4番手のラップタイムをマークしました。一方、チームメートのシーリーは、51秒181で全体7番手でした。

ヒート予選1組目、スタートで10番手以内のポジションにつけたカナードは、すぐに攻勢に出ると、4番手でチェッカーを受けてファイナル進出を果たしました。一方、ヒート予選の2組目に出場したシーリーは、1周目で11番手と出遅れ、7番手までポジションを上げましたが、それ以上の追い上げはかなわず。セミファイナルを経由することになりました。セミファイナルの2組目、確実にスタートを決めたシーリーは2番手でフィニッシュし、ファイナル進出を決めました。

160224_108

迎えた決勝レース、Team Honda HRCにとってこの夜は、複雑な印象のレースになりました。メインレースのゲートが倒れ、スタートよく飛び出したシーリーは、CRF450Rとともに4番手で1コーナーをターン。5番手のポジションでオープニングラップを終えると、すかさず先行するライダーへのアタックを開始しました。4周目に3番手まで浮上したあとは、レースの大半でこのポジションをキープしました。しかし、レースが後半に入って路面が荒れ始めると、シーリーは周回遅れのライダーの処理に手こずってペースを落とし、後方から迫ってきたジェイソン・アンダーソン(ハスクバーナ)から猛追を受けました。14周目に、アンダーソンに先行を許したシーリーは、最終的に4位となりました。

160224_109

一方、カナードにとってはチャレンジングな夜となりました。15番手で1周目を終えたカナードは、懸命の追い上げにより、10番手までばん回。ところがその直後、コーナーで転倒を喫してしまい、大きくポジションを落としました。再スタート後、最後まであきらめることなく、見事な追い上げを見せたカナードは、9位となりました。内容としては悪くありませんが、もちろん満足できる結果ではありませんでした。

チームは、忙しいスケジュールの合間を縫って、木曜日には今季2度目のプレスデイに出席しました。シーリーは、地元CBSのチャンネル11ニュースのインタビューを受け、その後、カナードとGEICO Hondaのジャスティン・ボーグルと合流し、ダラスカーボーイズのシニアセールスコンサルタント、ダナ・ジョーンズ氏に、CRF150Fの乗り方をレクチャーしました。

レース当日、Team Honda HRCは海軍特殊部隊を退役したマーカス・ラトレルの双子の兄弟で、ニューヨーク・タイムズのベストセラー「ローン・サバイバー」の共同執筆者であるモーガン・ラトレルの表敬訪問を受けました。氏は大のスーパークロスファンで、レースの舞台裏を見学できたこと、カナードに会ってサイン入りジャージを手渡されたことを、とても喜んでいました。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. STAR WARSオフィシャルの限定グラフィックモデル HJCヘルメットは、映画「ST…
  2. RED EAGLEとのコラボレーションで生まれた美しいシルエット オートバイ用品の企画・製…
  3. Webikeチームノリックヤマハは、チームスタッフが着用する新デザインのピットシャツを数量限…
  4. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
ページ上部へ戻る