【新製品】SHOEI、ゴーグルタイプのインナーバイザーを装備したオープンヘルメット「J・O(ジェーオー)」を2016年春頃に発売

160216_78

「ENJ・OY THE RIDE!」なオープンヘルメット

SHOEIは、コンパクトさを重視したオープンヘルメット「J・O(ジェーオー)」を2016年春頃に発売することを発表した。
オープンフェイスのオーソドックスなスタイルを採用しながらもクラシカルな中にも個性を引き出す『J・Oならでは』のデザインとなっている。

特に特徴的なのは、インナーバイザーが内蔵されたヘルメットだということだろう。しかもジェットヘルメットとは一線を画す、ゴーグルタイプのヘルメットに近いインナーバイザーが特徴だ。
バイザーも風の巻き込みを配慮した形状となっており、3段階の高さ調節が可能。これから活況を呈する「ネオクラシック」、例えばヤマハのXSR900や既存のクラシックモデルにもマッチするデザインとなっている。

カラーはオフホワイト、ブラック、マットブラック、ラットグレー、マットブラウンの5色展開で、価格は32,000円(税別)

◆Webikeショッピング:J・O(ジェーオー)ヘルメット 商品ページ

 

オフィシャルムービー

SHOEI J•O from big7.net gmbh on Vimeo.

「J・O」ブラック

J_O_Black

J_O_Black_rearJ_O_Black_top

 

「J・O」オフホワイト

J_O_OFF White

 

「J・O」マットブラック

J_O_Matt Black

 

「J・O」ラットグレー

J_O_R.Grey

 

「J・O」マットブラウン

J_O_Mt.Brown

 

J・O SPECIFICATION

■価格:32,000円(税別)
■規格:JIS規格
■サイズ:S(55 cm)、M(57 cm)、L(59 cm)、XL(61 cm)、XXL(63 cm)
■カラー:オフホワイト、ブラック、マットブラック、ラットグレー、マットブラウン
■構造:AIM(AIM:Advanced Integrated Matrix)強靱なガラス繊維を基に、あらかじめ3次元形状とした有機繊維を複合積層化。高い剛性を確保しながらも軽量化を可能とした、SHOEI独自のシェル構造。
■付属品:布袋、ステッカー

 

フォルム

160216_88
コンパクトさを重視したJ・Oのシェルデザインは、オープンフェイスのオーソドックスなスタイルを採用しながらも後頭部のダックテールシェイプがクラシカルな中にも個性を引き出す『J・Oならでは』のデザイン。それらすべてが装着時のスマートさを際立たせている。

▼ゴーグルバンド
160216_82
後頭部にはSHOEIロゴが刻まれたスナップボタンを採用したゴーグルバンドを装備。デザインのアクセントにもなっている。

 

CJ-3シールド

J・O専用設計のCJ-3シールドは、ライダーのファッションの一部として溶け込むことを重視しつつも、安全性と快適性を十分に研究した結晶。クラシックなスタイルをイメージしながら、バブルシールドを思わせる雰囲気を取り入れたCJ-3は、大きく湾曲した形状でありながらも、シールド各部位の厚さや微妙な曲率を追及することで、自然でクリアな視界を作り出すことに成功した。

さらに形状や開閉角度は、ライダーの顔に加えてメガネやサングラス着用時の干渉を避けながらも、巻き込み風を最小限に抑えることを重視してデザインされた。

▼各色シールド

160216_83160216_84160216_85

標準装備のクリアと、オプションにはダークスモークとイエローをラインナップ。

▼シールド取手
160216_86
シールドの開閉は左右のノブで直接操作。

▼プリセットレバー部、開度
160216_80
個別に顔の形や鼻の位置にあわせて、両サイドのプリセットレバーをセット。シールド下端のポジションを3段階に調整することが可能。

 

内装

シンプルなスモールジェットでも、内装は清潔に保ちたい。
J・Oの内装はシンプルでクラシカルなデザインを採用しながらも、チンストラップカバーを含むすべてを取り外してクリーニングすることができるフル着脱内装を装備。
オプションのセンター/チークパッドでフィッティングの微調整も可能となっている。

▼内装
160216_81
包み込むような被り心地が特徴のJ・O専用内装には、ソフトな肌触りの起毛タイプの内装生地を採用。

▼フロントブラケット部
160216_87
フロントブラケット部にはスエード調の素材と艶消し処理したスナップボタンを採用。視界に入る部分の光の反射を抑えるデザインとなっている。

▼チーク着脱
J_O_1
チークパッド装着部には内装との隙間をカバーするレザー調の素材を採用。クラシカルな雰囲気を醸しながらも風の巻き込みを防ぐ。

 

オプション&リペアーパーツ(価格は税抜き)

・CJ-3 シールド:クリア、ダークスモーク、イエロー 各 5,000円
・J・Oセンターパッド:各サイズ 4,000円
・J・Oチークパッド:各サイズ 4,000円
・J・Oチンストラップカバー: 1,000円
・J・O内装セット:各サイズ 8,000円

 

J・O グラフィックモデル

160216_75

J・O CARBURETTOR

■価格:40,000円(税別)
■サイズ:S(55 cm)、M(57 cm)、L(59 cm)、XL(61 cm)、XXL(63 cm)
■カラー:TC-3、TC-6


 
160216_76

J・O HAWKER

■価格:40,000円(税別)
■サイズ:S(55 cm)、M(57 cm)、L(59 cm)、XL(61 cm)、XXL(63 cm)
■カラー:TC-1、TC-5


 
160216_77

J・O SEAFIRE

■価格:40,000円(税別)
■サイズ:S(55 cm)、M(57 cm)、L(59 cm)、XL(61 cm)、XXL(63 cm)
■カラー:TC-8、TC-10

情報提供元 [ SHOEI ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る