【新車】ヤマハ、伝統の”スピードブロック”グラフィックを配した「XSR900 60th Anniversary」を発売

xsr900-60th_001

ヤマハ発動機は、水冷直列3気筒エンジンをアルミ製フレームに搭載し、”Neo Retro”※1の世界を提唱する新製品「XSR900」および、当社創業60周年記念カラーの「XSR900」60th Anniversaryを2016年4月15日より発売する。

「XSR900」60th Anniversaryは、2016年2月23日から2016年9月末日までの受注期間限定モデルで、期間内における予約受注分を販売。予約窓口は全国の「ヤマハスポーツバイク取扱店」となる。

【関連ニュース】
◆【新車】ヤマハ、”Neo Retro”ロードスポーツ「XSR900」を発売 レトロな外観とパフォーマンスを調和
◆【新製品】ワイズギア、「XSR900」2016年モデルのアクセサリーパーツ20種を発売

「XSR900」は、【The Performance Retro-ster】をコンセプトに開発された、味わいのあるレトロな外観と先進技術によるパフォーマンスを合わせもつモデル。現行の「MT-09」に搭載の水冷直列3気筒エンジンにTCS(トラクションコントロールシステム)やA&S(アシスト&スリッパー)クラッチなどを装備し、高次元なファン・エキサイトメントの走りを提供する。
ボディは、オーセンティックなイメージを強調するCMFG※2デザインを織り込み、多彩な加工法による金属の素材感で表現されている。また、ABSを標準装備している。

※1 “Neo Retro”;「スーパースポーツ」「ネイキッド」といった従来のカテゴリーを超え、レトロな外観やその背景の物語性を秘めながらも、先進技術に基づくエキサイティングな走りを楽しめるモデルのカテゴリー。
※2 CMFG ;カラー、マテリアル、フィニッシュ、グラフィックの略称。

 

「XSR900 60th Anniversary」
ライトレディッシュイエローソリッド1

11_XSR900-60th_LRYS1_3

09_XSR900-60th_LRYS1_110_XSR900-60th_LRYS1_212_XSR900-60th_LRYS1_4

 

YAMAHA XSR900 Promotion Film JAPAN

 

製品概要

■名称
「XSR900」60th Anniversary

■発売日
2016年4月15日

■カラーリング
ライトレディッシュイエローソリッド1(イエロー)

■メーカー希望小売価格
1,074,600円(本体価格995,000円/消費税79,600円)

メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

■販売計画
1,000台(年間、国内)
※XSR900、XSR900 60th Anniversary合わせての数値

 

主な特徴

1)走行モードを選べる軽量3気筒エンジン

“クロスプレーンコンセプト”に基づく845cm3の水冷直列3気筒・DOHC・4バルブエンジンを搭載。コンパクトな燃焼室により素早い燃焼を図り、優れた出力・トルク特性を引き出す。
YCC-T(電子制御スロットル)やメッキシリンダー、アルミ鍛造ピストン、1次偶力バランサー、FS(破断分割)コンロッドなどを投入、走行状況や好みに応じてエンジン特性を3種から選べるYAMAHA D-MODE(走行モード切替システム)も採用されている。

2)TCS(トラクションコントロールシステム)

発進・加速時に良好なトラクションをもたらすTCSを搭載。発進・加速時に後輪のスピン兆候が検知されると、(1)点火時期、(2)燃料噴射量、(3)スロットル開度(YCC-T)を統合制御することで滑らかな走行性を支援する。制御の強さは「1(弱)」「2(強)」「OFF」から選択可能。

3)レバー操作荷重も低減するA&Sクラッチ

A&Sクラッチ
A&S(アシスト&スリッパー)クラッチを採用。減速時の穏やかな車体挙動、軽いクラッチ操作荷重により市街地での軽快な走りに貢献する。クラッチ操作荷重は「MT-09」比で約20%低減された。

4)オーセンティックな印象を強調するCMFGデザイン

ボディにはCMFGデザインが積極的に織り込みられた。タンクカバーとリアフェンダーにはアルミプレス材、サイドカバーパネルとメーターブラケットには5mm厚アルミプレス材、前フェンダーブラケットとライトステーにはアルミ製ダイキャスト、タンク懸架ステーは鍛造アルミ材を採用。金属が持つ素材感を強調しながら、シンプルなシルエットの中に独自の世界観を伝えている。

5)手仕上げによるアルミ製タンクカバー

アルミ製タンクカバー
マットグレー車のアルミ製タンクカバーは、手作業によるバフ掛け後、マットクリアー塗装による”ヘアラインマット仕上げ”と呼ぶクリア塗装が施された。バフ掛けの方向や粗さは製品毎に少しずつ異なる”オンリーワン”となっている。
ブルー車のタンクカバーは、このバフ掛け部分をマスキングで残して側面を塗装。マスキングで残ったヘアライン部をグラフィックの一部に見立てることで、往年のグラフィックをオマージュ。シートはレザーの風合いを伝える新色「バーガンディ」(ワイン色)とされた。

6)「XSR900」60th Anniversaryの仕様(受注生産)

60th Anniversaryの仕様
「XSR900」60th Anniversaryは、標準モデルの仕様のまま、
(1)”スピードブロック”グラフィックを織り込んだアルミ製タンクカバー、
(2)ゴールド仕上げのフォークアウターチューブ、
(3)ブラック塗装のヘッドランプケース、
(4)イエローのコイル採用リアサスペンション、
(5)専用エンブレムなどを採用している。

 

「XSR900」フィーチャーマップ

「XSR900」フィーチャーマップ

 

「XSR900」主要仕様諸元

認定型式/原動機打刻型式 EBL-RN46J/N703E
全長×全幅×全高 2,075 mm×815 mm×1,140 mm
シート高 830mm
軸間距離 1,440mm
最低地上高 135mm
車両重量 195kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値
定地燃費値*2
27.3km/L(60km/h)2名乗車時
WMTCモード値*3 19.4km/L(クラス3 サブクラス3-2)1名乗車時
原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列 直列, 3気筒
総排気量 845 cm3
内径×行程 78.0 mm x 59.0 mm
圧縮比 11.5:1
最高出力 81kW(110PS)/9,000 r/min
最大トルク 88Nm(9.0 kgf・m)/8,500/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 3.40L
燃料タンク容量 14L(「無鉛プレミアムガソリン」指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V,8.6Ah(10HR)/YTZ10S
1次減速比/2次減速比 1.680(79/47)/2.812(45/16)
クラッチ形式 湿式,多板
変速装置/変速方法 常時噛合式6速/リターン式
変速比 1速 2.666(40/15) 2速 2.000(38/19) 3速 1.619(34/21)
4速 1.380(29/21) 5速 1.190(25/21) 6速 1.037(28/27)
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター/トレール 25°00′/103mm
タイヤサイズ(前/後) 120/70 ZR17M/C(58W)/
180/55 ZR17M/C(73W)(前後チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式ダブルディスクブレーキ/
油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドランプバルブ種類/
ヘッドランプ
ハロゲンバルブ/12V,60/55W×1

 

Photo Gallery

xsr900-60th_001widexsr900-60th_002wide

 
【関連ニュース】
◆【新車】ヤマハ、”Neo Retro”ロードスポーツ「XSR900」を発売 レトロな外観とパフォーマンスを調和
◆【新製品】ワイズギア、「XSR900」2016年モデルのアクセサリーパーツ20種を発売
◆ヤマハEU、国内発売が期待されるXSR900のプレステスト動画を公開

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. コルハートが取り扱いを行う「Dzell」からブレーキのリザーバータンクキャップの上に共締めす…
  2. 1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s
    自賠責保険(共済)の損害調査を行っている損害保険料率算出機構は、2017年1月17日に金融庁…
  3. 国土交通省は、二輪自動車等に備える緊急制動表示灯の基準を新設し、発表した。 平成2…
  4. 20170209_swm_SV11
    2015年、EICMAでの発表を機にブランドの復活を宣言 1971年に創業されたイタリアのモー…
ページ上部へ戻る