[HONDA]AMA Rd.7 シーリーが4位、カナードは9位でチェッカー

160222_114

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSSの第7戦は、2月19日(土)にテキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムで開催されました。

3組に分かれて行われたタイムアタック予選では、Team Honda HRCのトレイ・カナードがトップと0.233秒差の全体4番手、チームメートのコール・シーリーは全体7番手でヒート予選に臨みました。

ヒート予選1組目、カナードはオープニングラップ7番手から4番手まで順位を上げてファイナルに進出。一方、ヒート予選の2組目に出場したシーリーは、1周目11番手と出遅れ、7位まで順位を上げましたがそれ以上の追い上げはできず、セミファイナルを経由することになりました。セミファイナルの2組目、確実にスタートを決めたシーリーは、1周目4番手から順位を上げて2位でフィニッシュし、ファイナル進出を決めました。

迎えた決勝レース、5番手でオープニングラップをクリアしたシーリーは、3周目に4番手、4周目には3番手まで順位を上げ、表彰台圏内をキープ。しかし、後半で1つ順位を落とし、4位でチェッカーを受けました。一方、オープニングラップ15番手と出遅れたカナードは、前半10番手までばん回しましたが、9周目に痛恨のミスで17番手と大きく順位を下げてしまいます。後半で懸命にばん回を図った結果、9番手まで順位を上げてチェッカーを受けました。

この結果、シーリーはトータル123ポイントとしてランキング4番手をキープ。カナードは57ポイントでランキング11番手となっています。

250SXクラスでは、GEICO Hondaのクリスチャン・クレイグが2位でフィニッシュし、今季5度目の表彰台登壇を果たしています。

→全文を読む

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る