[HONDA]MotoGP 今季2回目のテストでセットアップが大きく前進。Honda勢が上位に進出する

160222_06

今季2回目の公式テストが、2月17日(水)~19日(金)の3日間、オーストラリアのメルボルン近郊にあるフィリップアイランド・サーキットで行われました。フィリップアイランドで公式テストが行われるのは08年以来、8年ぶりとなります。同サーキットは一周4.448km。高速コーナーが連続するレイアウトでアベレージは高く、カレンダーの中でも高速サーキットとして挙げられる一つです。

マレーシア・セパンでの前回テストでは、今年から採用されるエンジン・コントロール・ユニット(ECU)の共通ソフトウエアをセットアップする作業に多くの時間が費やされました。また、タイヤもブリヂストンからミシュランへと代わり、2016年型「RC213V」で、その変更点による変化の確認作業を行いました。

マレーシアテストのデータをもとに、フィリップアイランドで2回目のテストに挑んだHonda勢は、着実に前進することに成功し、新シーズンに向けた大きな一歩を踏み出しました。
マレーシアテストで総合5番手だったマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、3日間を通して、大きく進歩。ウエットコンディションとなった初日は、ミシュラン製のレインタイヤをテストし、電子制御の確認作業を行いました。初めて経験するミシュランのレインタイヤでしたが、そのパフォーマンスの高さを実感しつつ、乗りやすさが向上した電子制御で、ウエットコンディションながら本来の走りを取り戻した印象でした。

ドライコンディションになった2日目には、16年型RC213Vのベースとなるセッティングを見いだし、今季ベストとなる総合2番手でテストを終えました。そして最終日の3日目は、厚い雲が空を覆い、気温も路面温度も低いコンディションでしたが、3日間の自己ベストを更新して今季初のトップタイムをマーク。3日間総合では2番手でしたが、タイトル奪還に向けて手応えある3日間となりました。3日間を通して不安定なコンディションでしたが、マルケスは163ラップをこなし、大きな成果を上げました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
  4. 軽く、動きやすい先芯入りセーフティーシューズ モータースポーツアパレルブランドの「エル…
ページ上部へ戻る