タイでGROMのバリエーションモデル「MSX125SF」が発表

honda_msx12-20160219

タイのA.PホンダはMSX125(日本名GROM)のバリエーションモデルである「MSX125SF」を発表した。SFはストリートファイターの略。

独創的なLEDのヘッドライトに戦闘的なライディングポジション

honda_msx06-20160219

ミニストリートファイターであったMSXの外観を一新し、更に前傾のハンドルポジションやダウンタイプのマフラー、ステップ状のシートを採用したMSX125SF。まさにストリートファイターとしてさらなる進化を果たしたモデルだ。

honda_msx02-20160219honda_msx10-20160219honda_msx03-20160219

燃料タンクもデザインの変更により容量がアップ。5.7リットルに変わっている。エンジンには特に変更は無いが、サイレンサーはより小さなデザインとなった。消音を兼ねたBOXが車体下部に設けられた事によって、その形状を実現している。
また、どのカラーバリエーションにおいてもブレーキキャリパーは赤の塗装が施されており、デザイン上のアクセントになっている。

メーターのカラーもELバックライトと思われる輝きで、付属のメインキーは折りたたみ式のデザインが取り入れられている。

現時点での日本での発売などは未定だが、今後の導入に期待したいモデルだ。

honda_msx11-20160219honda_msx09-20160219
honda_msx05-20160219honda_msx07-20160219honda_msx08-20160219honda_msx04-20160219


▲2014年のMSXと今回のMSX125SFを比較した図

Honda MSX125 by Honda Motorcycles Europe

情報提供元 [ Webike Thailand ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  2. 日本自動車工業会(以下自工会)は、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)に、東京臨海副都…
  3. スズキは、10月2日よりドイツ・ケルンで開催される「インターモト2018」に向け、「“斬”F…
  4. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
ページ上部へ戻る