【ケニー佐川 コラム】来年4月から「首都高」に新料金導入 距離25kmを境に割高に

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

20160219_c1

首都圏の高速道路の料金体系が平成28年4月より移行に

160216_116

NEXCOは首都圏の高速道路の料金体系について、これまでの整備重視の料金体系から対距離制を基本とした利用重視の料金体系へ平成28年4月より移行することを発表した。これまでは都心部を抜けるルートとして圏央道を利用すると、首都高を利用するよりも割高となってしまい迂回するメリットが少なかった。そこで、外環道路としての機能向上を目的として、圏央道の料金を見直すことになったようだ。

他にも、第三京浜、京葉道路、千葉東金道路に関しても同一水準の料金体系とすることを発表している。ただ、元々が割安だった第三京浜などは大幅な値上げとなってしまうため、上限料金(高速道路の普通区間と同等)を設定した緩和措置を検討しているとのこと。

新制度では一般的な高速道路と同じ5車種区分に統一

20160216_syutok01

さて、我々ライダーとしては、やはりバイクの料金が気になるところだ。現在の車種区分は2~3区分だが、新制度では一般的な高速道路と同じ5車種区分に統一することになる。首都高などの路線では二輪を含む「軽自動車等」の区分が新設され、バイクの利用料金が低減される見込みだ。

具体的には、首都高でETC車載器を搭載していれば、バイクは270円から1,070円の範囲での距離別料金となり、0.1km毎の距離に応じて10円単位で加算される計算となる。ちなみに現在は510円から930円の範囲で普通車と同一料金で、6km毎に料金が変動する5段階料金となっているなど、バイクの割高感は否めない状況だ。なお、普通車は新料金体系では300円から1300円の範囲での料金となると報じられている。

つまり、新料金制のポイントは2つ。ひとつはより細かい距離制となること。もうひとつは距離が短ければ今までより得になるし、長くなれば損になるということ。ちなみに普通車の場合、約25kmを境にしてそれ以上の距離になると現行より割高となる仕組みで、約35km以上になると今より最大370円高くなる計算になる。

都内の短い距離を移動するにはメリットが大きいか

160219_148

実際の使い方を想定してみると、25kmという距離は首都高の要となる中央環状線「C2」であれば例えば五反田から千住新橋ぐらいまで。路線延長の半分程度をカバーする程度だ。まさに東京のど真ん中を走る都心環状線「C1」ではあれば、路線延長約15kmなので余裕で一周できることになる。都内の短い距離を“瞬間移動”するにはメリットが大きいかと思う。

また、都心部の渋滞緩和を目的として、出発地と到着地が同じであればどのルートを利用しても最短料金となる「継ぎ目のない料金」も導入されるが、こちらも首都高だけを使うと割高になる場合がある。さらに言うと、第三京浜や京葉道路をよく利用する神奈川もしくは千葉方面の人もコスト負担が増えるかも。

まあ、首都高を使わない人には関係ない話だし、バイクの場合は渋滞があまり苦にならないので都内近郊の移動で首都高を使うことも少ないかもしれないが、新料金についてもだいたいの目安として知っていて損はないだろう。

【関連ニュース】
NEXCO東日本、圏央道の料金体系見直しと、首都高などでのオートバイ含む「料金区分」の新設を発表

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る